初披露となった新曲『愛のネタバレ』は9月28日(水)にリリース!

クリープハイプ、初の大阪開催となった「クリープハイプの日2022大阪」のライブレポートが到着!

クリープハイプ、初の大阪開催となった「クリープハイプの日2022大阪」のライブレポートが到着!

2022/09/13

2022年4月にメジャーデビュー10周年を迎えた4人組ロックバンド クリープハイプ。 9月8日に大阪城音楽堂で開催された「クリープハイプの日 2022 大阪」のライブレポートが到着した。

 

2022年4月にメジャーデビュー10周年を迎えた4人組ロックバンド クリープハイプ。 9月8日に大阪城音楽堂で開催された「クリープハイプの日 2022 大阪」のライブレポートが到着した。

 

2022年4月にメジャーデビュー10周年を迎えた4人組ロックバンド クリープハイプ。 9月8日に大阪城音楽堂で開催された「クリープハイプの日 2022 大阪」のライブレポートが到着した。

 

2022年4月にメジャーデビュー10周年を迎えた4人組ロックバンド クリープハイプ。 9月8日に大阪城音楽堂で開催された「クリープハイプの日 2022 大阪」のライブレポートが到着した。

 

2022年4月にメジャーデビュー10周年を迎えた4人組ロックバンド クリープハイプ。 9月8日に大阪城音楽堂で開催された「クリープハイプの日 2022 大阪」のライブレポートが到着した。

 

2022年4月にメジャーデビュー10周年を迎えた4人組ロックバンド クリープハイプ。 9月8日に大阪城音楽堂で開催された「クリープハイプの日 2022 大阪」のライブレポートが到着した。

 

2022年4月にメジャーデビュー10周年を迎えた4人組ロックバンド クリープハイプ。 9月8日に大阪城音楽堂で開催された「クリープハイプの日 2022 大阪」のライブレポートが到着した。

 

2022年4月にメジャーデビュー10周年を迎えた4人組ロックバンド クリープハイプ。 9月8日に大阪城音楽堂で開催された「クリープハイプの日 2022 大阪」のライブレポートが到着した。

 

2022年4月にメジャーデビュー10周年を迎えた4人組ロックバンド クリープハイプ。 9月8日に大阪城音楽堂で開催された「クリープハイプの日 2022 大阪」のライブレポートが到着した。

 

2022年4月にメジャーデビュー10周年を迎えた4人組ロックバンド クリープハイプ。 9月8日に大阪城音楽堂で開催された「クリープハイプの日 2022 大阪」のライブレポートが到着した。

 

9月8日。クリープハイプの日。大阪城音楽堂。3年前のクリープハイプの日である9月8日も、大阪は泉大津フェニックスで開催された野外イベント『OTODAMA~音泉魂~』の大トリとしてライブをしている。クリープハイプの日と大阪の野外ライブは馴染み深いなと呑気に想っていたが、当日は生憎の雨…。楽しみしていた日だけに残念に想っていたが、そんな憂いは尾崎世界観が登場して最初に言った言葉でどうでもよくなった。

『雨の野郎、勝手に人の客を濡らしやがって! 俺が濡らそうと思っていたのに!』

本人たちだって当たり前だが決して気分は良くないわけだが、どんな状況でも何か魅せようとしてくれる。その流れから1曲目『キケンナアソビ』のイントロが鳴った瞬間、自然と客席からざわめきが起きる。2曲目『月の逆襲』ではベースの長谷川カオナシが歌い、いつも以上に自由な展開を感じて嬉しくなった。観客も野外で雨に打たれながら観るのは大変なはずだが、嬉しそうに観ながら、サビでは手も上がっていく。

たった3年でコール&レスポンスというライブでは当たり前の出来事が無くなってしまったわけで、それもクリープハイプにとって本来は痛手のはずである。『HE IS MINE』での例の観客からのアレも聴けなくなって随分経つ。

『言わなくてもわかってると思うけど無音の爆音のアレお願いします』

曲前にそう尾崎は言ったが、確かにコロナ禍になってからも何度かライブで、この曲を聴いてるが、アレが無くて物足りないと思った事は無いし、尾崎が物足りないと思わないように導いてくれているのだなと改めて感じた。そして盛り上げるだけが全てじゃない事は、『5%』の様な緩やかでスローなナンバーを聴くとより理解できる。この日は雨なのもあるのか、いつも以上にしっとりしたナンバーが沁みた。盛り上がる曲にしても、沁みる曲にしても、とにかく曲が良い、それが全てだろう。
その曲の良さは、『久しぶりの歌を』と言って披露された『TRUE LOVE』でも際立った。大阪出身のラッパーであるチプルソとのコラボナンバーだが、そのチプルソももちろん登場。チプルソのラップと相まって、尾崎のポエトリーリーディングともいえるラップもたまらない。尾崎も言っていたが、チプルソが袖からの登場も袖へのはける時も特に何も喋る事は無く、出番が終われば、さっと去っていく姿はかっこよかった。歌の後ろで、同期による音と尾崎の語りが不穏な空気を生み出す『なんか出てきちゃってる』も曲の良さは際立つが、『TRUE LOVE』と同じくロックバンドの枠をはみ出しているところに驚かされる。

『雨ずっと降ってるね。風邪ひかないで欲しい、こういう御時世だしね。でも、ずっと雨降ってるとどうしようもないよね。せめて精一杯歌います』

本当に雨が降ってるのはどうしようもないのだが、そこで何かしら観客が不自由に観ている事も本当であり、そこを常に気遣うところにも漢気を感じる。でも、『俺がMCすると必ず雨強くなる。何でだ!』なんていう茶目っ気にも惹かれるわけで、そりゃ、この人はみんなから愛されるよと納得してしまう。

気が付くと13曲を超えていたりするのだが、前夜9月7日夜8時のとあるつぶやきが気になる。クリープハイプの日のネタバレを含むので、閲覧にご注意くださいと注意書きがあった上で、いわゆるセットリスト的な書き方で『M-20.愛のネタバレ』と書いてあった。既に『愛のネタバレ』という新曲がラジオで初オンエアされる事や、それにちなんだネタバレ企画が始まる事も発表されていた。いつも以上に丁寧に真剣に曲を数えてる自分がいたし、年越しカウントダウンに近いドキドキがある。でも、『泣き笑い』も『チロルとポルノ』が聴けた!、『イノチミジカシコイセヨオトメ』も聴けた!とか、後半戦になってきても、1曲1曲歌われる度にワクワクし続けられて、良い意味で20曲目のドキドキを忘れさせてくれたりもする。

『今フェスシーズンだから、各地夏フェスに出てるけど、毎回セットリストがおなじだとか、少し変えただけで、凄い変えてきたとか言われて、うるせーな!と思ってたから、今日は色々な曲が出来て嬉しいです』

それこそ20曲目前の19曲目のMCで語られていたが、今年の夏フェスでも観ていて素晴らしかったが、ワンマンだからこその曲順の振れ幅や多様性があって、全くもって飽きる事が無く、ずっと楽しめた。この後、何気にカオナシが発した下ネタ的MCに対して、そういう事は自分が言う役割だからと話しつつも、30過ぎて下ネタMCをしてる事にイタイとか言われてると、ずっとグチグチTwitterのつぶやきについて言うのも、個人的には大好きだった。やはり、こういう執着をもって表現を作り続ける人は信頼できる。

いよいよ20曲目『愛のネタバレ』がきた。予告先発的というより、予告ホームラン的なビッグサプライズ感があった。本邦初公開であるわけだし、記念すべき日に立ち会えている。この曲がラジオではどう聴こえるのか、今後ライブでどう聴こえていくのか、そんな楽しみも増えた。

その後の『ナイトオンザプラネット』は去年発表されたばかりの曲だが、もはや特別な曲な感じが本当に強い。最初に尾崎が薄暗い青の照明で照らされて、ハンドマイクを持ちアカペラで歌う場面は美しさしかなかった。厄介な御時世な上に雨降りの日だが、そんな憂鬱を浄化してくれる力を感じた。

22曲目『ex ダーリン』を前に、来年3月25日・26日にコロナ禍で流れてしまった大阪城ホールのリベンジ公演が決定した事が、尾崎の口から告げられる。その前々週の3月11日・12日には同じくコロナ禍で流れてしまった幕張メッセでのリベンジ公演の決定も告げられた。

『新曲も出してないのによくやるよなと思うけど、忘れ物があるので、しっかりやりたいと思います』

忘れ物を取りに行くという表現は凄くロマンチックだし、我々もしかとその姿を見届けたいと強く想う。本人が言う通り、フェスも良いんだけど、やはりワンマンには代え難い素晴らしさがある。その想いが募ったのか、『ex ダーリン』で終わろうと思っていたものの、もう1曲だけという素敵な流れに。完全終わりの雰囲気であったし、それで充分に大満足もしていたのだが、でも、どこか名残惜しさがあっただけに喜ばしかった。

再度、雨の中でのライブについて申し訳ないと伝えて、絶対に風邪をひかないようにと気持ちを込めて、ラストナンバーが歌われる。『もう大丈夫だから』という歌詞で〆られる『大丈夫』。相変わらず厄介な御時世だし、今日は雨も降ってしまったが、それでも僕らにはクリープハイプがいたら大丈夫だと心から想えた。来年は3年の時を経て、遂に実現されるホール公演もある。屋内の大きな舞台で観れるクリープハイプが楽しみでならない。(取材・文/鈴木淳史、写真/関信行)

クリープハイプ 2022 大阪
2022.09.08(木) 大阪城音楽堂 

M1.キケンナアソビ
M2.月の逆襲
M3.しょうもな
M4.一生に一度愛してるよ
M5.HE IS MINE
M6.おばけでいいからはやくきて
M7.5%
M8.バイト バイト バイト
M9.TRUE LOVE  feat.チプルソ
M10.なんか出てきちゃってる
M11.私を束ねて
M12.リグレット
M13.ねがいり
M14.泣き笑い
M15.チロルとポルノ
M16.イノチミジカシコイセヨオトメ
M17.リバーシブルー
M18.社会の窓と同じ構成
M19.さっきの話
M20.愛のネタバレ(新曲)
M21.ナイトオンザプラネット
M22.ex ダーリン
M23.大丈夫

また、本公演で初披露された新曲『愛のネタバレ』は9月28日(水)に配信リリースされることが決定した。

【新曲情報】
■楽曲タイトル:愛のネタバレ
■2022年9月28日(水)配信リリース 

【アリーナツアー概要】
2023年3月11日(土) 千葉 幕張メッセ国際展示場
2023年3月12日(日) 千葉 幕張メッセ国際展示場
2023年3月25日(土) 大阪 大阪城ホール
2023年3月26日(日) 大阪 大阪城ホール

チケット:指定席 7,700円(税込)
「太客倶楽部」最速先行受付:9月9日(金)12:00〜9月19日(月・祝)23:59
ツアー詳細ページ:https://www.creephyp.com/feature/cp_arenatour2023

【書籍情報】
■書 名 :私語と(しごと)
■著 者 :尾崎世界観
■発売日:2022年4月18日(月)
■ISBN :978-4-309-03033-3 
■本体:1,700円(税込1,870円) 
■仕 様 : 46判変形/上製/280ページ(別丁20P+本⽂260P)
■収録楽曲(全75曲):
ねがいり
リン
イタイイタイ
answer
ヒッカキキズ
NE-TAXI
アンタの日記
イノチミジカシコイセヨオトメ
イエスタデイワンスモア
君の部屋
猫の手
左耳
コンビニララバイ
SHE IS FINE
風にふかれて
欠伸
愛は
グルグル
ウワノソラ
愛の標識
手と手
バイトバイトバイト
ミルクリスピー
身も蓋もない水槽
ABCDC
蜂蜜と風呂場
明日はどっちだ
さっきの話
ラブホテル

おやすみ泣き声、さよなら歌姫
マルコ
社会の窓
傷つける
ハロー
東京日和
喋る
2LDK
ボーイズENDガールズ
大丈夫
百八円の恋
本当
寝癖
二十九、三十
クリープ
カップリング

アイニー
僕は君の答えになりたいな
5%
けだものだもの
テレビサイズ(TV Size 2'30)
誰かが吐いた唾がキラキラ輝いてる
バンド
ただ
君が猫で僕が犬
今今ここに君とあたし

お引っ越し

禁煙
一生のお願い
燃えるごみの日
ゆっくり行こう
料理
ポリコ
四季
愛す
しょうもな
一生に一度愛してるよ
ナイトオンザプラネット
なんか出てきちゃってる
キケンナアソビ
幽霊失格
exダーリン

【尾崎世界観 プロフィール】
1984年11月9日、東京都生まれ。2001年結成のロックバンド「クリープハイプ」のボーカル・ギター。2012年、アルバム『死ぬまで一生愛されてると思ってたよ』でメジャーデビュー。2014年、初の日本武道館2Days公演を開催、2018年にも4年振りとなる日本武道館公演を成功させる。2021年12月に6thアルバム『夜にしがみついて、朝で溶かして』をリリース。
2016年、初小説『祐介』(文藝春秋)を上梓。その他の著書に『苦汁100%』、『苦汁200%』(ともに文藝春秋)、『泣きたくなるほど嬉しい日々に』。2021年1月に単行本が発売された中篇小説『母影』は第164回芥川賞の候補作に選出された。今年4月に歌詞集『私語と』(河出書房新社)を刊行。

 

この記事の画像一覧

(全10枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP