10月31日(月)神奈川・KT Zepp Yokohama

私立恵比寿中学・星名美怜、生誕ソロライブ『PINK DOLL HOUSE:5』開催!『年に一度見れるピンクの世界が大好きです!』とファンに感謝。

私立恵比寿中学・星名美怜、生誕ソロライブ『PINK DOLL HOUSE:5』開催!『年に一度見れるピンクの世界が大好きです!』とファンに感謝。

2022/11/01

私立恵比寿中学・星名美怜、生誕ソロライブ『PINK DOLL HOUSE:5』開催!『年に一度見れるピンクの世界が大好きです!』とファンに感謝。

 

私立恵比寿中学・星名美怜、生誕ソロライブ『PINK DOLL HOUSE:5』開催!『年に一度見れるピンクの世界が大好きです!』とファンに感謝。

 

私立恵比寿中学・星名美怜、生誕ソロライブ『PINK DOLL HOUSE:5』開催!『年に一度見れるピンクの世界が大好きです!』とファンに感謝。

 

私立恵比寿中学・星名美怜、生誕ソロライブ『PINK DOLL HOUSE:5』開催!『年に一度見れるピンクの世界が大好きです!』とファンに感謝。

 

私立恵比寿中学・星名美怜、生誕ソロライブ『PINK DOLL HOUSE:5』開催!『年に一度見れるピンクの世界が大好きです!』とファンに感謝。

 

私立恵比寿中学・星名美怜、生誕ソロライブ『PINK DOLL HOUSE:5』開催!『年に一度見れるピンクの世界が大好きです!』とファンに感謝。

 

私立恵比寿中学(略称:エビ中)の星名美怜が、10月31日(月)神奈川・KT Zepp Yokohamaにて生誕ソロライブ『PINK DOLL HOUSE:5』を開催した。2016年より毎年自らの誕生日を記念したセルフプロデュースによるソロライブを実施しているエビ中メンバー。11月2日で25歳になる星名をお祝いしようと会場には多くのみれりーず(星名の呼称)が駆けつけた。
 
会場は美怜ワールド全開のピンクサイリウムで埋め尽くされスタート。カウントダウンのオープニングVTRが流れると、ピンク色の首元のゴージャスなフリルがポイントのドレス風衣装で星名が登場。ステージ上には歴代の生誕祭の衣装も飾られ、可愛らしい空間の中、元気よく「ハイタテキ!」でスタート。そのまま「トキメキ的週末論」を披露すると、曲の途中に『それでは毎年恒例の撮影タイムにしたいと思いまーす!皆さんカメラは持って来たかな?』と撮影タイムをはさみ、開始から会場は盛り上がりを見せた。
 
最初のMCでは自己紹介をはさみ『それでは、今日ここに来てくれているみれりーずのみんなと今日一日楽しみたいと思います!』の合図で「藍色のMonday」「自由へ道連れ」「日進月歩」を力強く歌い上げた。歌い終わるとバックスクリーンに辛いもの好きの星名が激辛にチャレンジするスペシャル映像が流れ始め、チャレンジには失敗したが辛い痛いと可愛らしくレポートする姿に会場は賑やかなムードに。
 
会場が暗転すると、再びステージ上に登場した星名は、ドレス衣装のロングスカートを外し、ミニスカートにすると美脚を見せつけ抜群のスタイルを活かしたキレキレのダンスを披露。そのままメドレー形式で 「踊るロクデナシ」「きゅるん」「バタフライエフェクト」をパフォーマンスすると、最後の「PANDORA」をフルサイズで披露。ステージ上に用意されたクイーンチェアに腰掛けながら、大人らしさの中にある可愛さを全面にだしたパフォーマンスに会場は星名に釘付けに。
 
ライブもいよいよ終盤。「b.l.a.c.k_h.O.l.e.」をかっこよく歌い上げると、『生誕ソロライブに来てくださりありがとうございました。最後の曲です。みんな好きに踊って帰って下さい!』と、あらためて感謝の言葉で綴り、『これからも、みんなに大好きになってもらえるような星名美怜でいたいと思います!25歳の星名美怜もよろしくお願いします!』とステージを去った。
 
そして、生誕オリジナルのTシャツ姿で再びステージに現れると、「Family Complex」「オメカシ・フィーバー」「ヘロー」を熱唱。歌い終わるといきなりサプライズ抽選会を開始。
座席の番号が、星名が引いた番号と一致すればステージ上で公開2shot会ができる企画となっており、星名のファミリーへのサービスに会場は大盛り上がり。『いつも星名美怜を支えてくれるみんなに届きますように。』と「キミに39」を歌い上げた。
歌い終わると『アクセサリーや洋服のプロデュースをやってみたいという夢があります。25歳は人生の中で大きな転機になると思うので、何か新しい挑戦ができる機会をもらえるように頑張りたいです!今の私があるのは、支えてくださる皆さんがいるからです!本当に本当にありがとうございます』と涙ながらに来てくれたファミリーに感謝を伝え、25歳の生誕祭の幕を閉じた。
 
<星名美怜生誕ソロライブ『PINK DOLL HOUSE:5』>
M1. ハイタテキ!
M2. トキメキ的週末論
M3. 藍色のMonday
M4. 自由へ道連れ
M5. 日進月歩
M6. DANCE INTER1
M7. 踊るロクデナシ
M8. きゅるん
M9. バタフライエフェクト
M10. DANCE INTER2
M11. PANDORA
M12. b.l.a.c.k_h.O.l.e.
EN1. Family Complex
EN2. オメカシ・フィーバー
EN3. ヘロー
EN4. キミに39

 

この記事の画像一覧

(全6枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP