プロギタリストが奏法を動画付きで解説!

ONE OK ROCK「THE WAY BACK」のギター奏法

ONE OK ROCK「THE WAY BACK」のギター奏法

2016/03/29



奏法のポイント

※チューニングに関して
原曲のチューニングは、変則チューニング(ドロップC#)ですが、無料TAB譜では、レギュラーチューニングで演奏できるよう採譜しています。

原曲:変則チューニング(ドロップC#)

6弦     5弦     4弦     3弦     2弦     1弦
C#    G#    C#    F#    A#    D#

無料TAB譜:レギュラーチューニング

6弦     5弦     4弦     3弦     2弦     1弦
E    A    D    G    B    E

イントロ:ポイント
C#のパワーコードに6弦G#を重ねて重厚感を出します。
オクターブ奏法によるメロディーでは、右手は常にダウンピッキングで、激しめに弾くと雰囲気がでます。

サビ:ポイント
パワーコードは、指3本で押さえるのではなく、2本の方がサウンド的に雰囲気が出ます。
サビに入る前に、グリッサンドを入れると効果的です。

アルペジオ:ポイント
解放弦を使った左手指の間隔が広いストレッチフォーム(add9)。
左手首を前に押し出して指を立て気味に押さえるとうまく鳴らせます。

全体のポイント
パワー系の楽曲は、ピッキングが強めになりがちですが、音がつぶれたり、ピッチが不安定になるので、激しく弾いているフリをしながら、ピッキングは軽めで!

 

TuneGate楽譜掲載情報

TuneGate楽譜ページではONE OK ROCK「The Way Back」の無料TAB譜を掲載中!
ギタリスト野村大輔が、イントロ/サビ/ソロ/アルペジオそれぞれのポイントを演奏を交えながらわかりやすく紹介しています。

http://gakufu.tunegate.me/music/CT00096

この記事の画像一覧

(全0枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP