クラシックとロックが融合したスペシャルコンサート

世界的指揮者西本智実×ロックギタリスト高見沢俊彦 「INNOVATION CLASSICS 2017」公演楽曲発表!

世界的指揮者西本智実×ロックギタリスト高見沢俊彦 「INNOVATION CLASSICS 2017」公演楽曲発表!

2017/01/12


世界的指揮者西本智実とロックギタリスト高見沢俊彦が2016年2月に開催したINNOVATION CLASSICSが2017年春、東京と大阪を舞台に「INNOVATION CLASSICS 2017」として新たに開催される。

/

 

クラシックとロックの革新として、2016年の初演で各方面から注目を浴びた「INNOVATION CLASSICS」ではクラシック大作ムソルグスキーの組曲「展覧会の絵」他、クラシックの名曲をロックとの新しく融合させたものを披露し、多くの観客を圧倒させた。

「INNOVATION CLASSICS 2017」では、2016年の初演で披露した組曲「展覧会の絵」他に加え、西本智実と高見沢俊彦の選曲によるTHE ALFEEの楽曲から4曲の演奏が決まった。今回の公演は東京、大阪それぞれ2日間の公演を予定しているので、THE ALFEEの楽曲は公演日によりAプログラム、Bプログラムとし披露される。
Aプログラムでは、THE ALFEE珠玉の名曲「星空のディスタンス」、「Masquerade Love」、Bプログラムでは「恋人達のペイヴメント」、「Orionからの招待状」が演奏される。

また、クラシック作品では新たにピアソラの「リベルタンゴ」も披露されるとのこと。西本智実の指揮、フルオーケストラ、そして高見沢のギター、今回の公演も新しいクラシック、音楽の革新を体感して欲しい。今回行われる各公演は2月がバレンタインデー、3月がホワイトデーのスペシャル特典として、来場者全員にスウィーツと特製オペラグラスがプレゼントされることも発表された。オーケストラとバンドの化学反応、そして新しい音楽の世界、2017年の「INNOVATION CLASSICS 2017」も多くの観客を魅了し各方面から注目されることは間違いない。

■高見沢俊彦のコメント
フェスティバルホールでのInnovation Classics。毎年THE ALFEEではお世話になっていますが…まさか、クラシックのコンサートで自分がフェスに立つなどとは、想像だにしなかった。自分のキャリアの中でもこのフェスでのInnovation Classicsは、新たな扉を開く鍵になると思います。是非!その瞬間と、その時間を共に堪能致しましょう。


■西本智実のコメント
友人から、EL&P等クラシック音楽をロックで演奏する海外アーティストのDVDを観せてもらいながら、私の頭の中では高見沢さんの姿が浮かび・・・実現に至りました!今回はクラシック×ロックに加え、アルフィーの楽曲もオーケストラで演奏します。

 

公演情報

【INNOVATION CLASSICS TOMOMI NISHIMOTO×TOSHIHIKO TAKAMIZAWA ~Valentine’s day Special~】
≪東京≫
2017年2月11日(土) 東京・Bunkamuraオーチャードホール … Aプログラム
2017年2月12日(日) 東京・Bunkamuraオーチャードホール … Bプログラム
【INNOVATION CLASSICS TOMOMI NISHIMOTO×TOSHIHIKO TAKAMIZAWA ~White day Special~】
≪大阪≫
2017年3月11日(土) 大阪・フェスティバルホール … Aプログラム
2017年3月12日(日) 大阪・フェスティバルホール … Bプログラム
 
□出演
指揮:西本智実
出演:高見沢俊彦(Guitar)
管弦楽:
<東京>イルミナートフィルハーモニーオーケストラ
<大阪>兵庫芸術文化センター管弦楽団
BAND:Drums 吉田太郎/Keyboards ただすけ/Bass 大桃俊樹
 
□演奏曲
THE ALFEE作品
※ Aプログラム演奏曲:「星空のディスタンス」「Masquerade Love」
※ Bプログラム演奏曲:「恋人達のペイヴメント」「Orionからの招待状」
共通プログラム
ムソルグスキー:ラヴェル編曲 組曲「展覧会の絵」
ヴィヴァルディ:「四季」より『夏』第3楽章
ピアソラ:「リベルタンゴ」 他(予定)

 

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP