ローランド「GO:MIXER」徹底レビュー(スマホに最適なインターフェイス機能付きオーディオ・ミキサー)

ローランド「GO:MIXER」徹底レビュー(スマホに最適なインターフェイス機能付きオーディオ・ミキサー)

記事に戻る

この記事の画像一覧

(全15枚) 大きなサイズで見る。

製品情報


Roland「GO:MIXER」
価格:オープンプライス
(市場予想価格:¥10,000 税別)

【製品の主な特徴】
■手のひらサイズのスマホ専用オーディオ・ミキサー
■デスクトップやモバイルの両方の使用に最適
■様々なソースが接続可能なマルチインプット
■プラグアンドプレイ-開封してすぐに使用可能
■電池、ACアダプターを必要としないスマホからのUSBバスパワー駆動に対応

iPhone/iPad、Androidに対応、接続ケーブルも付属!


GO:MIXERには、iPhoneやiPad、Andoroidですぐに使えるようにiOS用のLightning to USBマイクロBタイプ・ケーブル(50cm)と、Android用のUSB OTGマイクロBタイプ to USBマイクロBタイプ・ケーブル(50cm)が付属しています

カラオケ不要で「歌ってみた」が撮影できるセンターキャンセル機能を搭載!


2系統あるライン入力のうち、LINE IN 1ではセンターキャンセル機能が利用できます。これは、ボーカルなどセンター定位の音を目立たなくすることができる便利なもので、既存のCDなど好きな曲の音源を入力してセンターキャンセルをONにすれば簡単に「カラオケ」ができあがります。その伴奏をバックにGO:MIXERに接続したマイクで歌を歌えば、簡単に動画サイトのジャンルの1つである「歌ってみた」を撮ることができます

【主なスペック】
■チャンネル数:入力:8ch/出力:2ch
■外形寸法:95(W)×95(D)×28(H) mm
■重量:100g
■電源:USBバスパワー(消費電流:40mA)
■接続端子:INSTRUMENT(L/MONO、R)端子/LINE IN 端子/MIC端子/GUITAR/BASS端子/MONITOR OUT端子/USB端子(USBマイクロBタイプ)


GO:MIXERの側面には、マイク端子とギター/ベース端子、キーボードなどの楽器を接続するインストゥルメント端子、そして、オーディオ・プレイヤーなどを接続する2系統のラインイン端子、スマホの出力と入力されたサウンドを出力するモニターアウト端子が、それぞれの面に用意されています。あらかじめ接続したい機器の端子とGO:MIXERの各端子の接続に必要なケーブルを用意しておくとセットアップがスムーズになります

▲MIC端子(ファンタム電源非対応)、GUITAR/BASS端子(Hi-Z対応):6φモノラル標準ジャック

▲CENTER CANCELのON/OFFスイッチ、LINE IN端子:3.5φステレオ・ミニ・ジャック×2

▲MONITOR OUT端子:3.5φステレオ・ミニ・ジャック、USB端子(マイクロBタイプ)

▲INSTRUMENT端子:6φモノラル標準ジャック×2(L/MONO、R)
PAGE TOP