ボーカル京にも明かしていない楽曲の秘密が明らかに!

sukekiyo 匠『ADORATIO』インタビュー

sukekiyo 匠『ADORATIO』インタビュー

2017/06/20

 

──では、曲順は京さんが決められたのですか?

:実は意外と最後にディスカッションで決めました。「ここはどう?」「どうでしょう?」みたいな(笑)。まぁ曲に入っていくと京さんのイメージがありますけど、楽器隊も「最後はこういうアレンジだから、次にアコギの音がパッて鳴ったら俺はカッコイイと思う」みたいな意見があったりして。ただ、大筋はみんな同じようなイメージを持っていました。特に最初と最後は。

──ということは、この箇所が一番最初に決まったと?

:そうですね。ただ、1曲目の「擬似ネクロマンサー」は最後に方にレコーディングした曲だったので。それが見えてきてから曲順を決めました。頭に「擬似ネクロマンサー」を持ってくることでインパクトがあると思っていて。濃い曲を頭に置くことが一番デカかったかな、特に1~3曲目は。

──確かにとても濃い印象を受けました。

:あとは単純に “歌モノ” っぽいものは、離すとかどこに置くとかバランスですかね。僕の中では色々とストーリーが違った見方があるんですけど、結構楽器隊としても見えるところが多々あって。ただ、先ほども言った通り、濃いものをちょっと “ドロッ” とした感じが表現できたと思います。これで入口が広くなったのか、狭くなったのかは分からないですけど(笑)。

──人によっては捉え方が違うかもしれないですね。個人的にDIR EN GREYを聴いて育った世代としては「この感じは狙ったんだろうな」と感じました(笑)。

:なるほど。やはり “ドロッ” とした感じが強い曲を並べると、「印象が薄まるかな」と思っていたんですけど。ちなみに、制作段階でデモ曲をプレイリスト作って流してみたんですけど「あ、意外と大丈夫だな」みたいな感じでした。

──最初の3曲がこの作品の “肝” になるわけですね。

:パンチの効いた入り口ですね。

──頭から “バーッ” と駆け抜けるのではなく、“ズブ、ズブズブッ” というか。クセになる感じがしました。

:そうですね(笑)。その辺はホント話し合って決めました。

──続いて曲作りについてお聞きします。sukekiyoでは具体的にはどのように?

:sukekiyoを始めた当初は、京さんと僕の2人作業部屋で作っていました。今は京さんが表現したいものを、僕を含めたメンバーが「こういうのだったら面白いんじゃないかな」って、ある程度理解しているつもりなので、定期的に「この曲どうです?」みたいにデモを出したり。なので、原曲の曲作り自体は各個人でやりますね。

──そこからプリプロなどで詰めていくと?

:そうですね。「デモ作りました」ってなったら、sukekiyoでは基本ProToolsでやっているので、そのセッションデータを共有して。それに対してピンと来る人がいたら、その続きを進めたりだとか。かなり自由にやっています。

──候補曲が50曲も集まるのもうなずけますね。ちなみに匠さんはどのようにデモ作りを?

:うーん、色々なんですけど。でもまぁ、自分の曲だと鍵盤で作ることが多いです。やはりコード感、和音のキレイさを大事にしているので。自分が「良いな」って思うコード進行を作って、そこにリズムを付けて。ただ、メロディは京さんが作るんですけど、インストやSEっぽいような分からないモノもあったりするんですけど、それでも京さんはメロディを入れられる(笑)。不思議な作り方なんです。とにかくsukekiyoは何でもありなので、面白いなと思ったら色々と作りますね。鍵盤を弾きながらコード進行を考えた上で、例えばイントロのモチーフとなるようなフレーズを重ねて。でもボンヤリし過ぎでも分からなくなるから、何か1つ特徴となる部分を入れます。

──京さんはそのデモに対してメロと歌詞、どちらを先に作られているのでしょうか?

:京さんはメロが先ですね。

──おっしゃる通り、不思議な作り方ですね。

:なので京さんにピンときてもらえないと上げられないので。そこで選ばれて初めて、ワンコーラス仮歌が入るんです。でも、京さんが歌を入れて「何かな~」ってなる時もあれば、「これは良い」って確信を持ってもらえたり色々です。そこで拡げて行って「じゃあフル尺作って。こういう構成にして」って指示をもらって。

──デモの段階ではフル尺は作らないのですか?

:最近はないですね。

次のページ »

この記事の画像一覧

(全4枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
リリース情報
音源&映像作品集『ADORATIO』
 
/

2017年6月発売
公式通販限定盤【数量限定】
PZSK-022~024 3枚組 (2Blu-spec CD2+Blu-ray) ¥7,500 (tax out)

DISC-1 [Blu-spec CD2]
01. 擬似ネクロマンサー
02. グニャ結論。そして血眼。
03. 襞謳
04. 純朴、無垢であろうが
05. マニエリスムな冷たい葬列者
06. 艶
07. 首吊り遊具
08. されど道連れ
09. 死霊のアリアナ
10. 嬲り
11. 耳ゾゾ
12. 黝いヒステリア
13. 白濁

DISC 2 [Blu-spec CD2]
01. mama Collaboration with ガラ (MERRY)
02. in all weathers Collaboration with YUKIYA (Kαin)
03. 鵠 Collaboration with 藤崎 賢一 (Justy-Nasty)
04. elisabeth addict Collaboration with kyo (D’ERLANGER)
05. 斑人間 Collaboration with 福井 祥史 (VINYL, ex.STRAWBERRY FIELDS, ex.D’ERLANGER)
06. 耳ゾゾ Collaboration with KONTA (ex.BARBEE BOYS)
07. maniera Remixed by Daniel Ash (Bauhaus, Tones On Tail, Love And Rockets, Poptone)

DISC 3 [Blu-ray] 収録時間 : 112min
◆ Music Video
 ・艶
 ・襞謳
◆ Live Footage
sukekiyo 二〇一六年公演「漆黒の儀」
2016年3月20日(日) 横浜F.A.D
01. aftermath
02. maniera
 03. nine melted fiction
04. hidden one
05. scars like velvet
06. leather field
07. dunes
08. zephyr
09. mama
10. 烏有の空
11. 斑人間
・sukekiyo 二〇一六年公演「ハロウィン殺しの儀」
2016年12月21日(水) SHIBUYA WWW X
*公演の一部を抜粋した内容となっております
・MERRY主催イベント
三月に咲く愚鈍共による錆びたハサミと戒厳令の雨あられ三輪車の花園にて、許しておくんなはれや
2017年3月21日(火) 新宿ReNY
*公演の一部を抜粋した内容となっております

Manufactured by sun-krad Co., Ltd.
Distributed by sun-krad Co., Ltd.


公式通販サイト「GALAXY BROAD SHOP」
https://www.galaxybroadshop.com/products/detail.php?product_id=892

sukekiyo(スケキヨ)

京(voice)
匠(guitar/piano)
UTA(guitar)
YUCHI(bass)
未架(drums)

 

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP