結成10年の想いと決意が詰まった渾身のバラード!

DEEP「SING」インタビュー

DEEP「SING」インタビュー

2018/02/21


──春川さんのデモには、誰がどこを歌うという指示はあるのですか?

TAKA:いえ、全然決まってません。

──誰がどこを歌うかはどのように決めていったのですか?

TAKA:それは歌詞を作りながらイメージしていきました。

──他の曲でもそのように決めていくことが多いのですか?

TAKA:いえ、曲によってですね。基本的には、キーや声の感じで一番合う人を選んでいくことが多いんですけど。

──資料によると、今回歌のレコーディングは1発録りだったそうですね。

TAKA:そうなんです。10年間の想いを5分に集約するということで、集中して1発入魂してみたというか。たしか1発録りのアイディアも春川さんからの提案だったと思います。

──DEEPとしては初の試みですか?

TAKA:バンドも一緒にというのは初ですね。本当にせーので録ったので、半端ない集中力でしたよ。

──スタジオの中はどのようなセッティングになっていたのですか?

TAKA:大きめのブースにマイクを4本立てて、ちょっとずつパーテーションで区切っている感じです。で、別部屋なんですけど少し離れたところにドラムがいて。ちなみにミュージックビデオも1発録りなんですけど、収録されている音楽もそのときに録ったものをそのまま使っています。

──1発録りということで、特に意識した点というのは?

YUICHIRO:僕の場合、最初から言葉を大切にということは考えていました。例えば、「歌いたい 痛み悲しみ全て」で、「い」がつながるじゃないですか。こういった部分のつながりに気を付けたり。あと、気持ちの面では、大切な人、今まで歩んできたこと、そして11年目もこのメンバーと共歩んでいくんだという想いを込めました。

──RYOさんはいかがですか?

RYO:そうですね。僕は細かいことは逆に考えないようにしたというか。TAKAの最初の出だしからKEISEIに行って、もうその流れのまま歌った感じです。だから、何かに気を付けたという感じではなかったです。

──では、KEISEIさんは?

KEISEI:一番大事なのは、前に歌った人との雰囲気や世界観と自分の歌をうまく共有することかなと。僕の場合、歌の後半でわりとノッてきてスイッチが入る方なんですけど、前半からたくさんの情報が入ってきて、相当頭が回転していたと思います(笑)。

──TAKAさんはいかがでしたか?

TAKA:この曲に関しては、真っさらというか無心でした。でも、やっぱり性格上色々と考えちゃうんですよね。メンバーとの温度感も大切だと思うし、1曲としてドラマ性を持たせたいという想いもありました。特にドラマ性という面では、歌い出しがとても重要だと思っていて。今回は自分も楽器になったつもりで、声とバンドがうまく中和するように、バンドに寄り添うように気を付けながら歌いました。

──わかりました。では、続いて「Guess What Girl」についてお聞きします。こちらの曲は「SING」とはガラッとイメージが変わりますよね。

TAKA:そうですね。T.kuraさんとMICHICOさんのコンビも僕らがデビュー当時からお世話になっていて。まさにR&Bの巨匠とも言える方々です。ものすごくハイクオリティな楽曲を毎回作って頂いています。

──楽曲のオーダーはTAKAさんが?

TAKA:はい。DEEPって、コーラス・ヴォーカルグループとして活動させてもらっているので、どうしてもバラードのイメージが強いと思うんですけど、こういうテイストの曲もやっていくべきだと思っていて。というか、ブラックミュージックもアッパーな曲も海外の楽曲にフィーチャーされたようなものもバランスよくやれるのが僕たちだと思っていて。もちろん、ライブでもバラード以外にこういう曲は絶対に必要ですし。なので、アルバムなどでも必ず入れるようにしています。で、今回そろそろT.kuraさんとMICHICOさんの曲が欲しいと思っていたら、やっぱりかっこいいのが来ました(笑)。

 
次のページ »

この記事の画像一覧

(全0枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

DEEP
「SING」
2018年2月28日(水)発売



DEEP SING 初回
[初回生産限定盤]
CD+DVD盤
AICL-3469~3470
¥1,500(税込)

[CD]
1. SING
2. Guess What Girl
3. SING(INSTRUMENTAL)
4. Guess What Girl (INSTRUMENTAL)
[DVD]
「SING」MUSIC VIDEO




DEEP SING 通常盤
[通常盤]
CD盤
AICL-3471
¥1,000(税込)

[CD]
1. SING
2. Guess What Girl
3. Turn Back Time
4. SING(INSTRUMENTAL)
5. Guess What Girl(INSTRUMENTAL)
6. Turn Back Time(INSTRUMENTAL)
DEEP

DEEP プロフィール
(写真左からRYO、YUICHIRO、TAKA、KEISEI)

2006年12月、リーダーのTAKAに加え、『EXILE VOCAL BATTLE AUDITION 2006 ~ ASIAN DREAM〜』のファイナリストYUICHIRO、3次審査まで進んだKEISEIとRYOをメンバーに ”COLOR”として本格的な活動をスタート。 EXILE ATSUSHIがプロデュースして一気に注目を集め、2009年、グループ名を”DEEP”に改名。 2011年5月31日に初の日本武道館公演を成功させてトップアーティストしての地位を確立させる。 同年に発売したシングル 「君じゃない誰かなんて〜Tejina〜」 はオリコンウィークリーチャート 3位を獲得。2012年には、DEEPシングルが5作連続での オリコン・ウィークリー・チャートTOP10入りとなった。 2月の ホールツアー『DEEP LIVE TOUR 2012“YOUR STORY”』では約2万人を動員し、9月の『キリンチャレンジカップ2012』“日本代表 対UAE代表戦”の日本国歌斉唱を務めた。 2013年には、念願のBEST ALBUM「DEEP BEST」をリリースし、オリコンウィークリーチャート3位を獲得。その後、 その後も精力的に活動し、2015年にavex から Sony Musicへ移籍発表。


オフィシャルサイト

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP