結成10年の想いと決意が詰まった渾身のバラード!

DEEP「SING」インタビュー

DEEP「SING」インタビュー

2018/02/21


──1曲目とは違う意味で、歌うのが難しそうな曲かなとも思いましたが。

YUICHIRO:そうですね。アドリブとかも結構入っていますし。

──そういった部分はデモの段階から入っているのですか?

TAKA:はい。T.kuraさんとMICHICOさんに関しては、もうこれで出せばいいじゃんっていうくらいのクオリティでデモが上がってくるんですよ。

──仮歌も入っているんですか?

TAKA:入ってます。

──では、その仮歌をさらに上回る個性やアプローチが必要なわけですね。

YUICHIRO:そうです。でも、個性はそれぞれ10年やってきているので、自然と出ていると思います。

──RYOさんは、この曲ではどのようなパフォーマンスを?

RYO:ディレクションも受けたのですが、この曲ではあらためてリズムが大事だなと思いました。その他にも子音の聴こえ方に注意したり、ライブパフォーマンスのこともイメージしながら歌いました。

──KEISEIさんはいかがですか?

KEISEI:1曲目の「SING」と比べると、いい意味でBGMとして聴いてもらってもいいですし、お客さんがノレることが大事だと思ったんです。なので、意識したのは歌うテンション感ですかね。日本語だけど英語のような譜割もあるし、もうこの曲に染まる気持ちだけで歌いました。

──続いて3曲目「Turn Back Time」についてお聞きします。この曲のイメージやお気に入りのポイントなどは?

TAKA:僕は出だしの「青が赤へ 結末まで 引き延ばされる猶予」のところですね。信号のことなんですけど、最初はなんだこの歌詞と思いました。でも、きちんと歌詞をかみ締めて聴くと、短い時間の中にぎゅっと凝縮しているというか。刹那の想いというか、死ぬ間際の走馬灯じゃないですけど、そういう不思議な感覚を歌詞とトラックで表現しているなと感じました。

──YUICHIROさんはいかがですか?

YUICHIRO:そうですね。信号で一瞬パッと立ち止まって、車が通り過ぎるときにミラーに自分が写って。その一瞬で、彼女との思い出のシーンがフラッシュバックして。で、またひゅっと我に返ったときに信号が青になって歩き出すみたいな。一瞬を描いているんだけど、ストーリーがいっぱい詰まっていて。映画のワンシーンのような感覚というか、スローモーションのようなイメージですよね。

──RYOさんはどんな印象を?

RYO:今YUICHIROが言ったような感覚は僕もあって。一瞬自分が飛ぶというか、幽体離脱的な感覚というか(笑)。僕も考え事をしているときにこういう感覚はあるので、共感はできます。

──KEISEIさんは?

KEISEI:歌詞もそうなんですけど、実はコーラスとかにも世界観が出ていて。広がる感じがあるんですよ。僕はそこが気持ちいいというか。1サビ、2サビ、3サビと、後の方になればなるほどハマるというか。ちょっとマニアックになってしまいますけど、そこを気にしながら聴いてもらえるとうれしいですね。

──わかりました。では最後に、あらためて今回のシングル全体を通しての聴きどころと、ファンの方へのメッセージをお願いします。まずはKEISEIさんお願いします。

KEISEI:そうですね。今回、渾身の3曲なんですけど、どの曲にもコーラスが入っていて、そこに自分たちの体温というか、音に包み込まれるようなエッセンスがあると思います。まずはそこを楽しんでもらいたいですし、あと、DEEPの曲を友達とかとみんなで歌ってほしいですね。最近カラオケとかに行っていない人も、これで気持ちを発散して頂いて、明日を生き抜く力にしてもらえたらと思います。

──では、RYOさんお願いします。

RYO:今回、10年分の想いを伝えるとともに、中にはこの記事で初めて僕らのことを知ってくださる方もいると思うんです。そういった方には、ぜひ以前の曲も聴いてもらいたいですね。真骨頂はバラードなんですけど、上がれる曲もあったりするので。これを機に、僕らのことをもっと知ってもらえるとうれしいです。

──YUICHIROさんはいかがでしょうか。

YUICHIRO:僕らは「SING」の通り、歌しかないと思っています。これからリリースのイベントなどもやりますので、まずはライブに遊びに来て頂きたいですね。僕らのライブはゆっくりと聴けるバラードも多いので、ぜひ癒されに来て頂ければと思います。

──TAKAさんお願いします。

TAKA:まずDEEPをご存知の方には、リリースが2年近く空いてしまったのでお待たせしましたという思いがあります。また、初めましての方には、今回のシングルが僕らの名刺代わりというか、これがDEEPだと言っても過言ではない内容になっていると思います。あと「SING」に関しては、僕たちの強い想いを一方的に歌わせてもらっているんですけど、「歌いたいと思えることが幸せ」だとも思っています。夢中になれて、ここまで命をかけれるようなものがあって良かったなと。なので、この曲を聴いてくれた方には、ぜひ人生に例えてもらえたらなと。例えば、大切な人がいる方なら「命をかけて守りたい」でもいいですし、まだそれが見つかっていない人は、それだけ熱くなれるものを手に入れられるように頑張ろうとか。この曲が人生の何かのきっかけになれたらうれしいです。

 

この記事の画像一覧

(全0枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

DEEP
「SING」
2018年2月28日(水)発売



DEEP SING 初回
[初回生産限定盤]
CD+DVD盤
AICL-3469~3470
¥1,500(税込)

[CD]
1. SING
2. Guess What Girl
3. SING(INSTRUMENTAL)
4. Guess What Girl (INSTRUMENTAL)
[DVD]
「SING」MUSIC VIDEO




DEEP SING 通常盤
[通常盤]
CD盤
AICL-3471
¥1,000(税込)

[CD]
1. SING
2. Guess What Girl
3. Turn Back Time
4. SING(INSTRUMENTAL)
5. Guess What Girl(INSTRUMENTAL)
6. Turn Back Time(INSTRUMENTAL)
DEEP

DEEP プロフィール
(写真左からRYO、YUICHIRO、TAKA、KEISEI)

2006年12月、リーダーのTAKAに加え、『EXILE VOCAL BATTLE AUDITION 2006 ~ ASIAN DREAM〜』のファイナリストYUICHIRO、3次審査まで進んだKEISEIとRYOをメンバーに ”COLOR”として本格的な活動をスタート。 EXILE ATSUSHIがプロデュースして一気に注目を集め、2009年、グループ名を”DEEP”に改名。 2011年5月31日に初の日本武道館公演を成功させてトップアーティストしての地位を確立させる。 同年に発売したシングル 「君じゃない誰かなんて〜Tejina〜」 はオリコンウィークリーチャート 3位を獲得。2012年には、DEEPシングルが5作連続での オリコン・ウィークリー・チャートTOP10入りとなった。 2月の ホールツアー『DEEP LIVE TOUR 2012“YOUR STORY”』では約2万人を動員し、9月の『キリンチャレンジカップ2012』“日本代表 対UAE代表戦”の日本国歌斉唱を務めた。 2013年には、念願のBEST ALBUM「DEEP BEST」をリリースし、オリコンウィークリーチャート3位を獲得。その後、 その後も精力的に活動し、2015年にavex から Sony Musicへ移籍発表。


オフィシャルサイト

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP