8月17日のハーバーマーケットライブ「鼓童 Dance Night~CHAKKA FES~」で披露

太鼓芸能集団の鼓童と共同開発したローランドの「電子和太鼓」がさらに進化!

太鼓芸能集団の鼓童と共同開発したローランドの「電子和太鼓」がさらに進化!

2018/07/19


ローランドと太鼓芸能集団の鼓童が共同で開発を進めている世界初の「電子和太鼓」。その試作機の最新バージョンが完成し、2018年8月新潟県佐渡市で開催される国際文化交流フェスティバル「アース・セレブレーション 2018」において披露されることになった。

ローランドと鼓童は、「電子和太鼓」の試作機を2017年に共同開発。同年に佐渡市で開催された「アース・セレブレーション2017」で初めての演奏を行なった。今回発表する最新バージョンでは、打面の小型化や構造の改良を行い、重量も昨年の試作機に比べ約30%の軽量化に成功。さらに、演奏を無線で送信するワイヤレス・システムの搭載や、電池での駆動も可能となり、演奏者が舞台上で自由に動ける「完全ワイヤレス化」を実現。ステージでのパフォーマンス性が大幅に高まっている。

「アース・セレブレーション2018」では、初日となる8月17日(金)に行われるプログラム「鼓童 Dance Night~CHAKKA FES~」において、大塚勇渡氏をはじめとする鼓童のメンバーが「電子和太鼓」を演奏。伝統的な和太鼓や電子ドラム、さらにはストリート・ダンサーとの共演により、昨年にも増して表現性豊かで躍動感溢れるパフォーマンスが披露される予定だ。

■「電子和太鼓」の演奏日時
ハーバーマーケットライブ「鼓童 Dance Night~CHAKKA FES~」


日時:8月17日(金)19:00開演/21:00終演(予定) ※雨天決行
会場:小木みなと公園 特設ステージ
料金:大人 5,000円、小中学生1,500円(以上前売り料金。当日は+300円)
ハーバーマーケットライブ3日間通し券 13,500円(大人のみ)
※未就学のお客様は無料でご入場頂けます。
定員:1,200名(全席自由)

演出:小松崎正吾(鼓童)
音楽監督:池永レオ遼太郎(鼓童)
出演:PInO、TATSUO、長谷川達也(DAZZLE)、荒井信治(DAZZLE)、佐藤喬也(BLUE TOKYO)、松田陽樹(BLUE TOKYO)、石井侑佑(BLUE TOKYO)、鼓童(中込健太、蓑輪真弥、小松崎正吾、住吉佑太、三浦康暉、池永レオ遼太郎、大塚勇渡、米山水木、小平一誠、前田順康、木村佑太、平田裕貴)
ゲスト:マイケル・シャック(ベルギー/ローランド開発アドバイザー)
※当日は大塚勇渡氏ほか鼓童のメンバーが「電子和太鼓」を、マイケル・シャック氏がローランドの電子ドラムを演奏します。

※ハーバーマーケットライブ「鼓童 Dance Night~CHAKKA FES~」および鼓童の活動についてのお問い合わせは、下記までお願いします。
鼓童 TEL. 0259-86-3630
メール heartbeat@kodo.or.jp
鼓童ウェブサイト http://www.kodo.or.jp/

この記事の画像一覧

(全2枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP