ピエゾ・ピックアップで音を素早く正確に検出

コルグ、サウンドホールに取り付けるアコースティックギター専用チューナー「Rimpitch-C2」をリリース!

コルグ、サウンドホールに取り付けるアコースティックギター専用チューナー「Rimpitch-C2」をリリース!

2018/09/10


コルグからサウンドホールに取り付けて使うアコースティックギターチューナー「Rimpitch-C2」がリリースされた(2018年11月中旬予定)。「Rimpitch-C2」は非常にスリムでコンパクトなので、演奏の合間にさりげなく自然な目線でチューニング・メーターを確認できるのが特徴だ。価格は¥3,000(税抜き)

■製品の主な特徴

ピエゾ・ピックアップで音を素早く正確に検出

Rimpitch-C2 はギター本体の振動を拾うことによって音を認識し、チューニングを行います。ボディにピエゾ・ピックアップが近接する独自の構造で、素早くかつ正確な音の検出が可能です。直径 100mm(± 3mm 以内)の円形のサウンド・ホールに取り付けることができ、様々なアコースティック・ギターにフィットするデザインです。表側/裏側の双方からラバーがしっかりと密着し、正確なチューニングを実現しています。

直感的で見やすい高輝度 LED 表示
音名表示はディスプレイの左右にバランスよく配置。LED メーターはディスプレイ全体に表示され、光の強弱により針の動きを繊細に表現します。チューニングがぴったり合った時には左右の LED がピピッと点滅し、ジャスト・チューニングが一目で分かります。明るい室内での練習はもちろん、暗いステージ上でも対応できる優れた視認性を実現しました。また、電源の ON/OFF 時にはメーターが美しく光ります。

あらゆるスケール/キーでのチューニングに対応。キャリブレーション機能も搭載
Rimpitch-C2 はクロマチック・チューニングを採用。あらゆるスケール/キーでのチューニングに対応しました。カントリー・ミュージックの演奏者や、ドロップ・チューニングなど特殊なチューニングを求める方にもお使いいただけます。測定範囲も、ギターに必要な E2(82.41Hz)~E7(2637.02Hz)をきちんとカバー。様々なコンサート・ピッチに対応するキャリブレーション機能も搭載。演奏する音楽に合わせ、基準値を 438~445Hz まで設定できます。

細部まで機能性に優れたデザインで、電池交換もスムーズ
電池容量が少なくなるとディスプレイの音名表示が点滅し、電池の交換時期が一目でわかります。スライド式の電池蓋には開閉用のボタンを付け、うっかり電池蓋が開いてしまうことを防ぎました。電池蓋は本体部分と一体化した設計で、電池交換の際に紛失する心配はありません。

Rimpitch-C2 仕様
・音律:12 平均律
・測定範囲(サイン波): E2(82.41Hz)~ E7(2637.02Hz)
・測定精度 :±1 セント以内
・キャリブレーション範囲:A = 438 ~ 445Hz(1Hz 単位)
・外形寸法:79 (W) ✕ 32 (D) ✕ 17 (H) mm
・質量:13g(電池含む)
・電池寿命:約 36 時間(A4 入力 連続動作時)
・取付可能サイズ:円形の直径 100mm±3mm
・付属品:動作確認用 CR1620 型リチウム電池(3V)x 1 個

チューナー部のキャリブレーションの設定は、電源をオフにしても記憶されています。ただし、電池を交換した場合は設定が初期化されます(初期値:440Hz)。電源が入ったまま音の入力がない状態が約3分間続いた場合は、自動的に電源が切れます(オート・パワー・オフ)。測定範囲内の音であっても、倍音を多く含む音色や、減衰の速い楽器音は、測定できない場合があります。

この記事の画像一覧

(全3枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP