椎葉(シイバ)孝史氏がハンドメイドで製作するエフェクター

キョーリツコーポレーション、Pedal diggers “10”をリリース!

キョーリツコーポレーション、Pedal diggers “10”をリリース!

2018/09/12


キョーリツコーポレーションからPedal diggers “10”がリリースされた(税抜想定売価¥18,500)。ブルースの名手Chris Duarte氏やIchiro氏をはじめプロギタリストも多数使用し、ペダル通も唸らせる国産ブランドPedal diggersは、国内屈指のビルダー椎葉(シイバ)孝史氏がハンドメイドで製作するエフェクターブランドだ。

今回登場するPedal diggers “10”は、ビルダー椎葉氏がオリジナルTSやTSフォロワーのペダルを収集、研究する過程の中でオリジナルTSの魅力を再認識し、オリジナルTSの中でも少々変わった回路を持つ「10 」をベースに製作されたもので、日本から世界に広がったTSに敬意を払い、可能な限り日本のメーカーのパーツが使用されているのが特徴。サイズ感も汎用サイズではなくボードに入れやすい70mm×32mm×100mm(突起部は除く)サイズのシャーシを採用し、本機は内部への電池取付ができないことからON/OFFスイッチ付Battery Boxが付属されている。

オリジナルは、SRVやその後のSRVフォロワーのギタリストも使用したことで有名で今やプレミア価格で取引されていたが、Pedal diggers “10”はハンドメイドで手の届きやすい価格帯という点も特筆すべきポイントで、サウンドの特徴としては、これまでのPedal diggers製品に共通する歪みの質感や出音の太さ等の要素がふんだんに盛り
込まれており、ただクローン製品に終始するのではなくオリジナル品を確実に新たなステージへ押し上げることに成功している。

 

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP