驚くほど優れた効果を発揮するEQプリアンプ

キョーリツコーポレーション、JHS「Haunting Mids」をリリース!

キョーリツコーポレーション、JHS「Haunting Mids」をリリース!

2018/09/12


キョーリツコーポレーションからJHS「Haunting Mids」がリリースされた(想定店頭売価:税別¥19,200)。「Haunting Mids」は、驚くほど優れた効果を発揮するSweepable-Mids EQプリアンプで、どんなアンプやペダルもまるで身の毛もよだつようなモンスターサウンドに変貌させることが可能だ。

Haunting Midsのコントロールは、Volume、Mids、Sweep、Lo/Hi切替スイッチの4つ。Volumeコントロールは、音量を調節したり信号をブーストすることができるスタンダードなボリュームコントロールで、MidsとSweepコントロールは密接に関係しており、ブースト/スクープするミッドレンジの周波数を最適な状態に調整できる。

例えば、Midsノブを12時方向に設定した場合には、周波数帯域はブースト/スクープされず、12時方向より左に回すとミッドレンジがスクープし始め、12時方向より右に回すとブーストする仕組みだ。また、Sweepノブは、ブースト/スクープする周波数帯域をコントロールし、左に回すとローミッド、右に回すとハイミッドに影響する。

Lo/HiスイッチはQをコントロールする機能に似ており、Midsノブに影響している周波数のピークをシャープにする。"Lo"はソフトで広いピークで、Mids/Sweepノブを調整したときの効果も滑らかだ。"Hi"はシャープで急なピークで、Mids/Sweepノブを調整したときに非常にシャープで明瞭な効果が得られる。

このペダルは、アンプの既にブレイクアップしているサウンドに素晴らしいミッドレンジのチューブドライブを付加したり、ジェント、ブルースのリック(フレーズ)、ロックのリフやリードソロなどのさまざまなシチュエーションにおいて、過度にスクープしたディストーションサウンドで最適なバイト感が得られるよう調整するのに効果的な製品だ。また、ミッドレンジに特徴のあるアンプやペダルを調整するのにも優れてる。

⬛︎製品の主な特徴
・ミッドレンジ周波数を最適な量でブースト/カットするシンプルで効果的なツール
・任意のミックスをスライスするのに最適なEQを見つけることができる、調整可能なミッドレンジ周波数
・アンプやペダルを本来とはまったく違う身の毛もよだつモンスターに変貌させる
・Volume BOOOOOOst機能も装備

⬛︎スペック
・入出力端子:インプット、アウトプット
・コントロール:VOLUME、MIDS、SWEEP、HI/LO SWITCH
・電源:DC9V センターマイナス


 

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP