アナログとデジタルの融合で、新しい音楽スタイルを提案する

ヤマハ、ネットワークターンテーブル「MusicCast VINYL 500」とターンテーブル「TT-S303」をリリース!

ヤマハ、ネットワークターンテーブル「MusicCast VINYL 500」とターンテーブル「TT-S303」をリリース!

2018/09/13


ヤマハから独自のワイヤレスネットワーク機能「MusicCast」(ミュージックキャスト)に対応したネットワークターンテーブル「MusicCast VINYL 500」(モデル名:TT-N503)と、優れた基本性能で、高品位なレコード再生が楽しめるターンテーブル「TT-S303」の2機種がリリースされた(10 月下旬発売)。価格はTT-N503=90,000 円(税抜)、TT-S303=58,000 円(税抜)。

ネットワークターンテーブル「MusicCast VINYL 500」(左)、ターンテーブル「TT-S303」(右)

今回リリースされた「MusicCast VINYL 500」と「TT-S303」は、かつて GT-2000 や PX-1 などで高い評価を得た同社が 27 年ぶりに発売するターンテーブルだ。高密度 MDF 素材を使用した高剛性キャビネットに加え、駆動方式には高い回転安定性を実現するベルトドライブ方式を採用。さらにトーンアームには、剛性に優れたストレートトーンアームを採用するなど、高品位な音でレコード再生が楽しめる優れた基本性能が搭載されている。さらに「MusicCast VINYL 500」は、ヤマハ独自のワイヤレスネットワーク機能「MusicCast」に対応し、レコードの音を他の MusicCast 対応機器にワイヤレスで飛ばして再生したり、音楽配信サービス「Spotify」(スポティファイ)や「Deezer HiFi」(ディーザー ハイファイ)といった、様々な音楽コンテンツが楽しめるなど、アナログとデジタルの融合により、新しい音楽ライフを提案するモデルとなっている。

⬛︎製品の主な特徴
(1)美しいグロス塗装仕上げの高剛性キャビネット&高トルク型 DC モーターを採用したベルトドライブ方式
(2)振動による音楽信号への悪影響を排除する剛性の高いストレートトーンアーム
(3)お手持ちの機器に合わせてシステムが構築できる高音質フォノイコライザーアンプ/PHONO ダイレクト出力
(4)レコードの音を、ワイヤレスで飛ばして再生できるMusicCast機能(MusicCast VINYL 500 のみ)
(5)さまざまな音楽コンテンツを自由に楽しめるネットワーク機能(MusicCast VINYL 500 のみ)
 

TT-N503

 

TT-S303

この記事の画像一覧

(全4枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP