“葛藤の末にたどり着いた答え” であるミニアルバム

葵-168-『ニュークラシック』インタビュー

葵-168-『ニュークラシック』インタビュー

2018/10/12


──6曲目の「魔が刺す」は和矛さん作曲ということで、古くからのファンは歓喜していると思います。

葵:作り始めたのは1年前なんですけど、和矛君のお母さんがこの曲を聴いた時「MASK新曲出したの?」って言ったぐらいにMASKの曲でしたね(笑)

──特に、MASK時代はデスボイスを多用されていたので、これは堪らないですね。

葵:和矛君とやるからにはMASKっぽいものを作りたかったんです。それで「僕がいた時のMASKってどういうのだったかな」って考えたら、スゴくトンガってて叫んでて、世の中に対して不平不満を赤裸々に歌っているイメージだったんです。それを今回取り込んでみて、シャウトをしたり言葉の使い方も昔を意識して書いています。

──歌詞はどれぐらいで書けましたか?

葵:10分ぐらいです(笑)。今も結局、世の中に対する不平不満というのは持っていて、「魔が差して言っちゃった」という歌詞になっています。

──そもそも、和矛さんとはどういったやりとりをされたのでしょうか?

葵:きっかけはMASKがZEPP TOKYOでイベントをしたことなんですけど、それから彼と会う機会が多くなって「余裕があったら1曲書いて欲しいな」ってお願いしたんです。そうしたら快く引き受けてくれて。割と早い段階で完成しました。

──次に、7曲目の「ニュークラシック」は、アルバムのタイトル曲で、夢人さんが作曲をされています。

葵:夢人君との制作作業は、温度感としては「懐かしい」というよりも、今また彩冷えるが動き出していることもあって「続いている」というような感覚でしたね。

──確かに、バンドが止まっていたことを感じさせないような印象を受けました。それに「彩冷えるで新たに動きがあるのかな?」と期待をしてしまいました。

葵:ありがとうございます。「彩冷えるの曲も作れたら良いね」って話もしてます。この曲に関しては「水葬」や「魔が刺す」と同時期に作ったので、去年の冬ぐらいですね。

──夢人さんとは、どういったやりとりをされたのですか?

葵:夢人君に頼む場合、昔から一緒なんですけど「大体こんな感じで」ってお願いするんです。そうすると、2〜3日でそのイメージ通りに作ってくれるという。彩冷えるの時から早かったです。特にインディーズ時代から言えることなんですけど、先に期日を決めておくんですね。例えるなら学生が夏休みが終わるギリギリに宿題を終わらせるみたいな。「明日、歌詞を仕上げないと間に合わない」って言うとギリギリに曲を送ってくるんですけど、そういう時の方が良い曲なんですよね(笑)

──ネオジャパニーズというか、和の中にキラキラする要素が散りばめられた曲ですよね。

葵:彼はギタリストなんですけど、“ギターを弾き倒す”というよりは、ギターはアプローチの一つとして捉えていて。彼らしさであるシンセ音が使われています。

──歌詞についても教えてください。

葵:「ニュークラシック」も割と早めに書き上げられました。ファンへ向けたラブソングでもあるんですけど、肝になっているのが「君の 正解は いつだって 僕だから」なんです。実はそれがずっと言えなくて、やっと言えたなという気持ちです。この言葉が答えになっています。

──初回限定盤にはエクストラ・トラックが3曲収録されていますが、通常盤とはガラッと雰囲気が変わった印象を受けました。

葵:僕の提案の仕方がわがままだったと思うんですが、ソロになってから、葵 from 彩冷える、葵、葵&涼平 incl.アヤビエメガマソ、葵&涼平、168 -one sixty eight-、葵 -168-と、6つの名義を持っているんです(笑)。最近頻繁にイベントに出て、初めて僕のことを知ってくれた人が、グッズコーナーに「ライブスゴく良かったです! CD買いたいんですけど、どれを買ったら今日やってた曲が聞けますか?」って来てくれるらしいんです。ただ、色々な名義の楽曲を織り込んだセットリストなので、物販スタッフさんも迷っちゃうらしいでんす。

──「全部買ってください」って言うしかないですね。

葵:なので今回せっかくなので、ライブで結構やる曲を入れたいという話をしたんです。でも、ミニアルバムですでに7曲入っているので、すでに結構なボリュームにはなっているんですけど(笑)。結果としてエクストラ・トラックという立ち位置で3曲収録することができました(笑)。8曲目の「beauty girl」、9曲目の「Break out」は、葵名義、10曲目の「破軍の時」は葵&涼平名義の楽曲になっています。なので「名刺代わり」の3曲というか。

──8曲目の「beauty girl」は彩冷えるに近い印象を受けました。

葵:8曲目「beauty girl」はソロデビューをして、少し経ったぐらいの曲です。それまでバンドとの差別化を測るために、歌モノばかりを歌っていたんですけど、ライブチューンが欲しいなと。僕の中でのライブチューンって、やっぱり彩冷えるなんです。なのでそういった印象を受けるんだと思います。振り付けバンバンやる感じとか。歌詞については、ライブハウスにいる人達を見て書いているんですけど、せっかく来ているのに遠慮がちなお客さんっているんです。「飛び込んでみたら新しい世界が見えるんじゃない?」というメッセージを込めています。

──9曲目の「Break out」は「beauty girl」と同様にライブチューンと言える楽曲で、なおかつキャッチーさを持ち合わせていますよね。

葵:「beauty girl」と同時期に作っていた曲で、同様にライブチューンが欲しくて。やっぱり、当時はソロの葵というものを意識していたので、キャッチーさというのは重要視していました。その上で激し目のアプローチも入れたラブソングですね。

──10曲目の「破軍の時(168 ver.)」は葵さんが作詞作曲をされた楽曲ですが、どのように制作されたのですか?

葵:僕は楽器も弾けないし譜面も読めないので鼻歌をもとに作って、そこからIPPEIさんに編曲をしてもらっています。葵&涼平のために作った曲なんですが、涼平君ってメルヘンチックで非現実的な世界観を得意としているので、逆にリアリティをガンガン出すようにしました。ちなみにですが、僕中国占星術という占いの勉強をしてい流のですが、その中で「破軍」が出てくるんです。星の名前で。英語でいうと「Revolution」=革命で、「破軍の時」=“自分を変えるタイミング” ということになります。“時代が自分を変えるんじゃなくて、自分が自分を変えなくちゃいけないよ” とメッセージを込めた楽曲ですね。最近またライブでやるようになった曲です。今回、168Ver.という形で、アレンジを変えています。

──それでは最後に、改めてファンの方に向けて今作の聴きどころを含めたメッセージをお願いします。

葵:今の自分を、自由にここまで納得いく形で作品にできたのは、15年以上の音楽人生で初めてだったんです。僕は性格上、人に譲ってしまう癖がどうしてもあって。自我を通すのがどうしても苦手だったんです。バンド時代も五人いたので、一番良いところを取ろうと。年齢も一番上だったので、意見を尊重しながら活動していました。自分のことだけを突き通すことが苦手だったんですけど、今作の収録曲はリリースするつもりがなく、自分がやりたいことを表現したくて作った曲になっています。また、関係者をはじめ、聴いてくれた方々から高い評価をいただけているので、自信にも繋がっていて。なので “今の僕” というものを知っていただけるのにちょうど良い作品です。葛藤の末に僕がたどり着いた答えが『ニュークラシック』なので、ぜひ聴いてもらえたら嬉しいです。

フォロー&引用リツイートで葵サイン入りポスターを2名様にプレゼント!

TuneGateの公式Twitterアカウント「@tunegate_me」をフォローして、対象のツイート引用リツイートしてください。引用リツイート時には、インタビュー記事のご感想を必ずご記入ください。抽選で2名様に葵さんのサイン入りポスターをプレゼント!



■応募期間
2018年10月12日16:00〜2018年10月26日16:00まで

■参加条件および応募について
・プレゼントの応募にはTwitterアカウントが必要
・非公開設定(鍵付き)のTwitterアカウントは対象外
・引用リツイートの上、記事のご感想をご記入ください
・通常のリツイートのみでは参加とみなされません
・当選の連絡までにフォローを外した場合も対象外となります

■当選の連絡について
・当選された方には、@tunegate_meよりDM(ダイレクトメッセージ)にてご連絡します
・当選可否や抽選の状況についてはご返答できません
・期間内にご返信がない場合は、当選権利を放棄したものと判断させていただきます

※注意事項
・応募はお一人様1回限り(複数アカウントでの応募が発覚した場合、無効とさせていただきます)
・応募対象者は日本国内にお住まいの方のみ
・第三者に譲渡・売却などをすることはできません
・プレゼント内容は予告なく変更や中止することがあります。あらかじめご了承ください

※個人情報について
ご記入いただいた個人情報は、抽選、当選者への賞品の発送、本件に関する諸連絡に利用させていただきます。
お客様の個人情報をお客様の同意なしに業務委託先以外の 第三者に開示・提供することはありません(法令などにより開示を求められた場合を除く)。 お客様の個人情報はTuneGate編集部にて管理させていただきます。

葵ポスタープレゼント

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

ミニアルバム
「ニュークラシック」

発売中


・初回限定盤

初回限定

CD
TKCA-74698
¥2,315+税

[CD]
1. eureka
2. MUSIC
3. CANDY
4. アザレア
5. 水葬
6. 魔が刺す
7. ニュークラシック
8. beauty girl( Extra Track)
9. Break out( Extra Track)
10. 破軍の時(168 ver.)( Extra Track)




・通常盤

通常
CD
TKCA-74699
¥1,852+税

[CD]
1. eureka
2. MUSIC
3. CANDY
4. アザレア
5. 水葬
6. 魔が刺す
7. ニュークラシック
※初回限定盤と通常盤はジャケットが異なります


 
葵-168- プロフィール



アオイ・ワンシックスティー・エイト

2004年に“彩冷える(アヤビエ)” を結成しボーカルを務める。
インディーズ時代から渋谷公会堂、中野サンプラザ、Zepp Tokyoなどでワンマンライブを行なうだけでなく、ヨーロッパ、アメリカ、アジアでも海外ツアーを行い国内外で人気を博した。

2009年5月、徳間ジャパンコミュニケーションズより「会いたくて」でメジャーデビュー後、 惜しまれながらも活動無期限休止し、2011年よりソロ活動を本格化。Jリーグ・モンテディオ山形の2011年公式テーマソングやジュエリーブランドGemCEREYにCMソングを提供するなど活動は多岐にわたる。

2012年、満を持して新ソロプロジェクト「168‒one sixty eight-」を始動。

2013年、プロジェクト名を「葵-168-」へ進化させ、キャリアを問わず様々なサポートメンバーを招いての多様なバント・サウンドを提⽰。

“彩冷える” の活動も再開させ、2018年5月にTSUTAYA O‒EASTで行なわれた7年半振りのオリジナル・メンバーによる彩冷えるワンマン・ライブ2daysも完売させた。

オフィシャルサイト

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP