11月20日発売予定

ラックスマン、ベルトドライブ・アナログプレイヤー「PD-151」を発表

ラックスマン、ベルトドライブ・アナログプレイヤー「PD-151」を発表

2018/10/16


ラックスマンが、15日に本社にて新製品発表会を行ない、ベルトドライブ・アナログプレイヤー「PD-151」を発表した。発売は11月20日を予定しており、希望小売価格は¥298,000(税抜)。

PD-151
/
/

ラックスマン本社で行なわれた発表会での展示の様子

「PD-151」は、アナログプレイヤーとしての基本性能を徹底的に追及した上で、より多くのユーザーが本格的ベルトドライブ・アナログプレイヤーの醍醐味を味わえることに主眼をおいて開発。

外装は装飾を排した仕上げを突き詰め、トップパネル上は、アームモーター・ターンテーブルの3大要素のみに絞り込み、機能も操作性を最優先した結果、デザインと機能美が高度に融合する魅力的な外観を実現。

さらに新開発のオリジナル高精度DCモーターを搭載し、ワウ・フラッタ-0.04%以下(W.R.M.S)を実現。常に正確な回転数保持を約束する各回転数独立調整機能付きの3段階(33 1/3、45、78回転)回転数切り替えが可能になっている。

また、底部からの振動の影響を排除し、高い剛性が特徴のアンダースラング構造(天吊り構造:内部パーツをボトムシャーシではなくトップパネル【シャーシ】に組み付ける)の要であるメインシャーシを兼務するトッププレートは堅牢な10mm厚のアルミ削り出しプレートを使用。

重量4.0kgの優れた回転特性を誇るアルミ削り出しターンテーブル、高硬度高精度ステンレス製センタースピンドルとボールベアリングを採用したPEEK製スラスト軸受けと真鍮製ラジアル軸受け、カートリッジの付け替えが容易なユニバーサル方式で、シンプルな操作感とクオリティの高さが定評のJELCO(市川宝石)製スタティックバランストーンアームなど、性能の決め手となる基本構成を「PD-171A」より踏襲している。主な特徴やスペックは以下の通り。

(※)ベルトドライブ:回転盤とモーターを別々にベルトで繋ぐことにより、ベルトがモーターの振動を吸収。振動が少なく、非常に滑らかな回転を実現する

「PD-151」の主な特徴

  • 電気回路
  • ・新開発オリジナル高精度ブラシレスDCモーター
    ・サイン波PWM、PID制御方式による正確な回転数を保持
    ・各回転数独立調整機能付きの3段階(331/3、45、78回転)回転数切り替え

  • メカニズム
  • ・カートリッジの交換が容易なユニバーサル型スタティックバランス・トーンアームを標準付属
    ・慣性モーメント(22,396kgf-m㎡)を誇るアルミ削り出しの重量級ターンテーブル(4.0kg)
    ・10mm厚のアルミ削り出し板をメインシャーシとした主要部品のアンダースラング(吊り下げ)制振構造を採用
    ・安定した回転をサポートするボールベアリング採用のポリエーテルエーテルケトン(PEEK)製スラスト軸受けと真鍮製ラジアル軸受けを装備
    ・振動源となるモーターと電源トランスを制振ゴムでフローティング
    ・高さ調整(最大8mm)も可能で、温度特性に優れた新制振ゴム採用の大口径インシュレーター

  • エクステリア
  • ・トップパネル上には、アーム・モーター・ターンテーブルの3大要素のみを配し機能美を追求したデザインを採用
    ・カートリッジ出力にはスタンダードなDIN→RCA端子タイプのOFCフォノケーブルを付属
    ・LUXMANロゴ入りのマグネシウム合金製ヘッドシェルを付属
    ・背面には電源ケーブルの交換も可能なACインレットを装着
    ・別売(※2)で軽い操作にて開閉が可能なカムサポート式ヒンジ装備のPD-151専用4mm厚アクリル製ダストカバーを用意

「PD-151」の主なスペック

ターンテーブル
駆動方式:ベルトドライブ方式
モーター:ブラシレスDCモーター、サイン波PWM、PID制御方式、回転数調整機能付き
ターンテーブル:アルミ材削り出し、表面仕上げ:ダイヤモンドカット、重量:4.0kg
回転数:33 1/3rpm、45rpm、78rpm 切替式
ワウ・フラッター:0.04%以下 (W.R.M.S.)

トーンアーム
形式:スタティックバランス、S字型
軸受け:ワンポイント・クロスサスペンション
実効長、オーバーハング:229mm(有効214mm)、15mm、トラッキングエラー:+1.9°~-1.1°
適合カートリッジ自重:4~12g (付属マグネシウム製ヘッドシェル自重13g)

本体
付属装置
[フロントパネル部]
電源スイッチ、モーターON/OFFスイッチ、回転数切替スイッチ
回転数確認インジケーター、回転数調整ボリューム(33 1/3rpm、45rpm、78rpm)
[リアパネル部]
ACインレット [ボトム部] インシュレーター、カートリッジ出力端子(DINタイプ)
消費電力:5W(電気用品安全法)
外形寸法:465(W)×164(ターンテーブル上面まで)(H)×322(D) mm、
重量:15.7kg
・付属品:ターンテーブル、電源ケーブル(JPA-10000:極性マーク付)、ヘッドシェル、ゴムベルト、EPアダプター、ターンテーブルシート、ターンテーブル取り付けハンドル、フォノケーブル(DIN→RCA)、カウンターウェイト、アーム調整用六角レンチ(3種類)、回転数調整用マイナスドライバー ※ カートリッジは付属していません。

別売オプション(※1)
ダストカバー(※2) 型番OPPD-DSC151 ¥50,000(税抜) PD-151専用、4mm厚アクリル製、カムサポート式ヒンジ装備
ヘビーウエイト 型番OPPD-HW1 ¥9,000(税抜) カートリッジ自重9~19gまで対応
交換用ゴムベルト 型番 なし(交換用ゴムベルト) ¥4,500(税抜) PD-171A/PD-171AL/PD-151共通
ヘッドシェル 型番OPPD-SH1 ¥9,000(税抜) マグネシウム製軽量(付属品と同一)、自重13g(ワイヤー込)

(※1)上記別売オプションは、すべてサービスバーツ扱いとなっております


※内容は、発表日時点の情報です。その後、製品の仕様、スペック、デザインなどに変更が生じる場合があります

この記事の画像一覧

(全3枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP