クラシックなオペアンプタイプのファズ/ディストーション

キョーリツコーポレーション、Electro-Harmonix「Flatiron Fuzz」をリリース!

キョーリツコーポレーション、Electro-Harmonix「Flatiron Fuzz」をリリース!

2019/01/12


キョーリツコーポレーションからElectro-Harmonix「Flatiron Fuzz」がリリースされた。価格は14,000円 (税抜)。

Flatiron Fuzzは、クラシックなオペアンプタイプのファズ/ディストーションだ。70年代後半スタイルの回路と対称ハードクリッピングを備えた、Electro-Harmonixなりに解釈して昇華させたRAT2ペダルと言える。Flatiron Fuzzは非常に多様性に富んだペダルで、ドライブが低めの設定では、僅かにクリーンを保ちながら心地よいマイルドなディストーションを加えてくれる。またドライブの設定を上げると壮大で分厚いトーンを生み出し、アリーナロックの世界へと導いてくれる。Flatiron Fuzzの優れたサウンドは、クラシックな70年代後半の回路とそれが実現する対称ハードクリッピングに起因しているからだ。

Flatiron Fuzzは、Volume、Drive、Filterの3つのコントロールを備えており、Volumeは出力レベルを設定し、Driveはサステインとディストーションの量を調整。ユニークなFilterコントロールはカットオフ周波数を変化させるローパスフィルターで、ハイエンドの量をダークなトーンからダーティーなサウンドまで絶妙に調整できる、非常にクールなコントロールだ。

Flatiron Fuzzはニューヨークの歴史的なFlatiron Buildingにちなんで名付けられたという。 1970年代にEHX本社すぐ近くにある象徴的なランドマークで、ペダルに描かれた建物だ。

*RAT2はAct Audioの登録商標です。

■「Flatiron Fuzz」の主な特徴
- 伝統的なオペアンプ駆動のファズ/ディストーション
- 対称のハードクリッピング
- ギターボリュームを下げるとクリーンに近づいた絶妙なサウンドを作り出します
- ユニークなフィルターコントロール
- コンパクトなペダルボードフレンドリーなデザイン
- 9Vバッテリー(006P)/EHX JP9.6DC-200アダプター対応。
- トゥルーバイパス仕様。
 

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP