流麗なアナログリードからイマーシブグラニュラサウンドスケープまで、Richard GaleとCarlo de Gregorioが手掛ける注目音源

UVI、Falcon用の拡張音源「Pulsar」をリリース!

UVI、Falcon用の拡張音源「Pulsar」をリリース!

2019/02/13


UVI Pulsar

UVIからFalcon用の拡張ライブラリ「Pulsar」がリリースされた。「Pulsar」はRichard GaleとCarlo de Gregorioが手掛けた意欲作で、流麗なアナログリードからイマーシブグラニュラサウンドスケープまで、斬新でモダンなエレクトロサウンドを収録しているのが特徴だ。価格は$39.00

Pulsarの収録サウンドは、アトモスフィア、ベース、エフェクト、リード、パッド、プラック、シー ケンス、アルペジオにカテゴリ分けされ、どれも強烈で確かな個性を放つ。ADSRエンベロープ、フィルターや エフェクトなど、専用に用意されたマクロコントロールにより、ダイナミックなパフォーマンスが行なえ、もちろんこれらコントロールは楽曲にマッチし た調節や音色の仕上げにも最適だ。

このコレクションは、Falconのセミモジュラーアーキテクチャーによるもので、その可能性と多様性を明示する道しるべとしても最適。Falcon内蔵のWavetableやバーチャルアナログ、フィジカルモデリングなどの無類のシンセオシレーターと、高品位の エフェクト、強力なモジュレーション機能を駆使ししたサウンドをさらにエディット、レイヤーなど自由に手を加え、ほぼ無限に新たなバリエーションを生み出 すことも可能だ。

 

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP