高解像度コンパクトリファレンスモニター

フックアップ、IKマルチメディア「iLoud MTM」を2019年5月上旬にリリース!

フックアップ、IKマルチメディア「iLoud MTM」を2019年5月上旬にリリース!

2019/02/20


フックアップからIK Multimediaの高解像度コンパクトリファレンスモニター「iLoud MTM」がリリースされ、予約受注がスタートした(2019年5月上旬に発売予定)。価格はオープンプライス(市場実勢価格:税別43,000円 ※ス ピーカー1本の価格です)

iLoud MTM
iLoud MTM
iLoud MTM
iLoud MTM

「iLoud MTM」は、2016年に発売された「iLoud Micro Monitor」のコンセプトに磨きをかけ、5インチ、6インチ、さらには8インチのスタジオモニターにも匹敵するコンパクトサイズのスタジオリファレンスモニターの開発に成功。「現代のスタジオリファレンスモニター」の音質、正確さ、そして使いやすさのすべてに革命をもたらす新モデルだ。MTM(ミッドウーファー + ツイーター + ミッドウーファー)構成と最先端のDSP技術による完璧にフラットな周波数特性とリニアな位相を実現。さらに音場の自動補正をするARCテクノロジーも本体に実装されている。

■iLoud MTMの主な特徴
・40 Hzから24 kHzまで超フラットな周波数特性
・リニアな位相特性
・低域レンジの拡張をコントロール可能
・ニアフィールドでの優れたサウンド
・デスクや省スペースへの設置にも最適
・独自のARC System 技術による自動音場補正を内蔵
・DSPによる優れたサウンドコントロール
・1本あたり100W RMSの大出力
・0度から20度の範囲で角度調整可能なスタンド

■iLoud MTMの主な仕様
・スピーカータイプ:2ウェイ/2スピーカー、バイアンプ仕様デジタルコントロールスタジオモニター
・LFドライバー:2×3.5インチ、ポリプロピレン製カスタムメイドミッドウーファー
・HFドライバー:1インチ、低歪み、バックチャンバー仕様シルクドームツイーター
・DSPによる低域反射補正
・スピーカー1本あたりの内蔵アンプ数:2
・アンプタイプ:高効率クラスD
・総出力:100W RMS
・LF出力:70W RMS
・HF出力:30W RMS
・クロスオーバータイプ:リニアフェイズ、バリアブルオーダー
・クロスオーバー周波数:3.1kHz
・周波数特性:50Hz 〜 24kHz ±2dB(@40Hz -6dB非キャリブレーション時 /-3dB キャリブレーション時)
・位相特性:±15°(200Hz 〜 20kHz)
・感度(+4dBu):1mの距離に於いて0dBuの信号で100dBのSPL
・感度(+10dBV):1mの距離に於いて-11dBuの信号で100dBのSPL
・最大SPL @1m(1本のスピーカーを正面で再生):103dB(200Hz以上の正弦波)、95dB(100Hzの正弦波)、93dB(ピンクノイズ)
・調整用スイッチ:LF Extension、LF trim、HF trim、Desk position LF Extensionスイッチ:40/50/60Hzから、-3dBの周波数ポイントを設定 LFスイッチ:+2dB/フラット/-3dBから、100Hz以下のローシェルフのトリムを設定 HFスイッチ:+2dB/フラット/-2dBから、8kHz以上のハイシェルフのトリムを設定 Deskスイッチ:-4dB @160Hz、+1dB @1.8kHz
・キャリブレーション:フルオートのデジタルキャリブレーションを内蔵(測定用マイク付属)
・測定用(ARC)マイクロフォン:無指向性、MEMS仕様の詳細測定用マイク
・DSPによるフルコントロール
・接続端子:バランスコンボ入力(XLR/TRS標準フォーン)、ARCマイク用TSミニフォーン入力、USB type-B(サービス用)、AC電源インレット
・電源:90V 〜 240V AC、オートレンジ、50/60Hz、消費電力120W(最大)
・外形寸法:264mm×160mm×130mm(1本あたり)
・重量:2.5kg(1本あたり、本体+フット)
・付属品:電源ケーブル、ARCマイクロフォン、ARCマイクロフォンケーブル、角度調整可能なスタンド(0度から20度まで)、横置き用のゴム製フット、ロックキー
【注意】本製品はペアではなく、1本単位での販売となります。

この記事の画像一覧

(全4枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP