3月よりアユートが日本国内での取り扱いを開始

ULTRASONE、約40万円のヘッドホン「Edition 15 Veritas」とイヤホン「SAPHIRE」を4月より発売

ULTRASONE、約40万円のヘッドホン「Edition 15 Veritas」とイヤホン「SAPHIRE」を4月より発売

2019/03/08


アユートが、7日本社にて新たに取り扱いを開始したドイツのヘッドホンブランド「ULTRASONE」の新製品内覧会を開催した。

来日したCEOのMichael Willberg氏

来日したCEOのMichael Willberg氏

 

  • Edition 15 Veritas

「Edition 15 Veritas」は、ULTRASONE開放型ヘッドホンの最上位モデル「Edition 15」(2017年12月発売)継同様のサウンドクオリティをベースにした密閉型モデル。

発売日:2019年4月
価格:オープンプライス(市場想定税込売価:¥399,980)

Edition 15 Veritas

サウンドの根幹となる「GTCドライバー」も継続して搭載。ゴールドとチタンのハイブリッド仕様40mm径ダイアフラムによる優れたドライバーのポテンシャルを、密閉型でも最大限引き出すべく、サウンドデザインをすべて見直し、設計をしている。

イヤカップにアメリカンチェリーウッド、イヤパッド/ヘッドバンドにはシープ・スキン・レザーとプレミアムな素材を使用。外観だけでなく装着感もハイグレードな、ハイエンド仕様のヘッドホンとなっている。

詳細ページ
http://ultrasone.jp/products/edition-15-veritas/

/ /
/ /
/

主な特徴

・ゴールド/チタンのハイブリッドダイアフラム搭載「GTCドライバー」
振動板の中央ドーム部をチタンコーティング、周辺部はゴールドコーティングを施すことで、各々の金属の特性を最大限活かすことができるドライバー。密閉型に最適化したサウンドデザインにより、このドライバーの優れたポテンシャルを最大限引き出す

・ハウジングのフレームにアメリカンチェリーウッドを使用
イヤカップのフレームとして堅牢かつ緻密な木目のアメリカンチェリーウッドを採用。ラッカーではなく有機素材のワックス仕上げにすることで、経年による色、風合いの変化を楽しむことができる。また、ハウジングトップに「Edition 15」を模したレーザー彫刻を施し、デザイン面においてもオリジナルモデルのテイストを継承

・イヤパッド/ヘッドバンドにシープスキンレザーを使用
肌触りも良く装着感の向上を実現するプレミアムなシーブ・スキン・レザーを採用。イヤパッドはマグネット着脱方式なのでメンテナンス時も簡単に取り外し可能

・ケーブルは高信頼性LEMOコネクター仕様
ケーブルは着脱式を採用。高信頼性LEMOコネクター搭載の3.5mm/3極プラグ仕様。1.2mと3mの2本が付属。6.3mm変換プラグも同梱される。

主な仕様

・形式 密閉型
ドライバー ハイブリッド(ゴールド/チタン)ダイアフラム搭載「GTC ドライバー」
インピーダンス 40Ω
周波数特性 5 – 48.000 Hz
音圧レベル(SPL) 96dB
重量 約 314g(ケーブル含まず)
コネクター形状 LEMO
付属品
 1.2 m 着脱式ケーブル 3.5mm/3 極プラグ(LEMO)
 3.0 m 着脱式ケーブル 3.5mm/3 極プラグ(LEMO)
 6.3 mm 変換プラグ
 レザーハードケース
 クリーニングクロス

 

  • SAPHIRE

「SAPHIRE」は、“究極のハイエンド製品を投入したい” というコンセプトのもとに誕生したイヤホンだ。

発売日:2019年4月
価格:オープンプライス(市場想定税込売価:¥399,980)

SAPHIRE

「SAPHIRE」は、静電型ツイーター採用ハイブリッド 4Way 6 ドライバー搭載の、プレミアムクラスのハイエンモデル。ドライバー構成は、低域用に B.A.を 2 個、中域用に B.A.を 1 個、高域用に B.A.を 1 個、そして超高音域用に静電ツイーターを 2個搭載。この静電型ツイーターは、ヘッドホン出力からの電力を内蔵トランスで増幅の上駆動するので、専用の電源は必要がない。

ケーブルは 2pin コネクターを採用。3.5mm/3 極プラグと 2.5mm/4 極プラグの2本が付属する。

詳細ページ
http://ultrasone.jp/products/saphire/
 

/ /
/ /
/

主な特徴

ハイブリッド 4Way 6 ドライバー
下記ドライバー構成により、ワイドレンジかつ圧倒的な情報量で音楽を再生。ULTRASONEならではの、広大なサウンドステージと緩み無く明確に定位する音像表現も特徴

・低域 B.A.型×2
・中域 B.A.型×1
・高域 B.A.型×1
・超高域 静電型×2

超高域用に静電型ツイーターをデュアル搭載
超高域用に、ゴールドコーティングを施した、超軽量 6μg のダイアフラムが正確な過渡特性を実現。静電型ならではの極めて歪みの少ない、圧倒的にクリアな高域再生を楽しめる。また、専用アンプは必要ない。16μm ワイヤー15,000巻コイルによる内蔵トランスで、ヘッドホン出力からの電力を100倍に増幅しバイアス電圧として供給。これにより一般的なイヤホンと同様、そのままプレーヤーのヘッドホン端子に接続して使用可能だ

ハウジングに航空機グレードのアルミニウムを使用
ハウジングに高い耐久性と剛性を兼ね備えた航空機グレードのアルミニウムを使用。一切の共振を抑えるだけでなく、高級感あふれる外観も特徴

2pin コネクター採用イヤホンケーブル
ケーブルは 2pin コネクターを採用。3.5mm/3極プラグと 2.5mm/4 極バランスプラグの2本が付属

主な仕様

・形式 密閉型
・ドライバー構成 ・低域 B.A.型×2
 中域 B.A.型×1
 高域 B.A.型×1
 超高域 静電型×2
・インピーダンス 25Ω
・周波数特性 10 – 50.000 Hz
・音圧レベル(SPL) 106dB
・重量 約 15g(ケーブル含まず)
・コネクター形状 2pin
・付属品
 1.2 m 着脱式ケーブル 3.5mm/3 極プラグ(2pin)
 1.2m 着脱式ケーブル 2.5mm/4 極プラグ(2pin)
 スピンフィットイヤチップ CP145 (S/M/L)
 コンプライフォームイヤチップ Tx-400(S/M/L)
 ハードレザーキャリーケース
 クリーニングクロス
 クリーニングツール

-NEA/div> -PLta LIST-START>

この記事の画像一覧

(全13枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP