Shiny SilverとAbyss Blueの2カラーをラインナップ

AZLA、エントリーモデルとなるダイナミック型イヤホン「ORTA」を4月20日(土)より発売!

AZLA、エントリーモデルとなるダイナミック型イヤホン「ORTA」を4月20日(土)より発売!

2019/04/17


アユートから取扱イヤホンメーカー「AZLA(アズラ)」の「ORTA(オルタ)」がリリースされた。「ORTA」はエントリーモデルとなるダイナミック型イヤホンで、直販サイト「アキハバラe市場」、及び全国主要家電量販店、オーディオ専門店にて2019年4月20日(土)より発売が開始される。価格はオープンプライス (市場想定売価 税込16,980円)。カラーはShiny SilverとAbyss Blueの2色をラインナップ。
 

Shiny Silver「ORTA」Shiny Silver

 

Shiny Silver
Abyss Blue「ORTA」Abyss Blue

 

Abyss Blue

【製品概要】
「ORTA」は、上位モデルで培った独自テクノロジーにより、価格を超えたハイクオリティサウンドを提供するダイナミック型イヤホンだ。音波の直進性を確保することで反射による悪影響を抑制する、独自のALC(アクティブロスコントロール)テクノロジーを基軸に、徹底した低歪設計が施されており、40μ厚アルミニウム振動板(8mm径)搭徹の「ALCドライバー」や、不要な共振を抑制するインナーチャンバーハウジングなど、全てのパーツが緻密な計算のもと開発が進めらた。

また、シルバーコーティングOFC採用のハイブリッド4芯構造ケーブルは、2.5mmバランスプラグを搭載。3.5mm変換ショートケーブも付属で、接続するプレーヤーによって使い分けが可能(コネクター:MMCX)。付属イヤーチップ「SednaEarfit Light(セドナイヤーフィットライト)」は、耳道への負担を軽減し、より快適な長時間リスニングを実現。全てにおいてハイクオリティな、AZLAイヤホンのニューカマーだ。

「ORTA」の特徴
・音波の直進性を確保する「ALCテクノロジー」による正確なサウンド
・8mm径40μ厚アルミ合金製振動板を搭載、徹底した低歪設計の「ALCドライバー」
・不要な振動を抑制 インナーチャンバーハウジング
・耳道への負担を軽減する付属イヤーピース「SednaEarfit Light」
・専用設計ハイブリッド4芯構造ケーブル
・イヤモニスタイル(後ろがけ)と一般的な装着スタイルの両方に対応
 

「SednaEarfitLight」「SednaEarfitLight」

 

また、同社では柔軟性を高めて耳道への負担を軽減する、高品質シリコン採用の交換用イヤーピース「SednaEarfitLight」も直販サイト「アキハバラe市場」、及び全国主要家電量販店、オーディオ専門店にて2019年4月20日(土)より発売する。

【製品概要】
「SednaEarfitLight」は、既発売「SednaEarfit」の傘部における柔軟性を高めることで、耳道への負担を軽減した新開発のイヤーピースだ。788人の外耳道を分析した上でデザインを行い、素材に特殊な高品質シリコンを採用。共振による音質劣化を抑え、特に高域の表現力を最大限引き出すことができる。6サイズ用意されているので、確実なフィッティングが行える。

価格:
オープン価格 (市場想定売価 税込1,380円)
・S/M/Lサイズ各1ペア


オープン価格 (市場想定売価 税込1,180円)
・Lサイズ2ペア
・MLサイズ2ペア
・Mサイズ2ペア
・MSサイズ2ペア
・Sサイズ2ペア
・SSサイズ2ペア

 

この記事の画像一覧

(全5枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP