2019年9月に発売

ローランド、イベントの映像演出、音声調整、収録からライブ配信まで1人で操作できるAVミキサーの新モデル「VR-50HD MK II」をリリース!

ローランド、イベントの映像演出、音声調整、収録からライブ配信まで1人で操作できるAVミキサーの新モデル「VR-50HD MK II」をリリース!

2019/06/06


『VR-50HD MK II』
『VR-50HD MK II』
『VR-50HD MK II』
『VR-50HD MK II』

ローランドから中小規模のイベントでの映像演出や音声調整、収録、ライブ配信まで1台で可能なマルチフォーマットAVミキサーの新モデル「VR-50HD MK II」がリリースされた。2019年9月発売。価格はオープン(市場想定売価 税込800,000円程度)。

ローランドの「VRシリーズ」は、省スペースで映像と音声をコントロールできるAVミキサーだ。2011年の発売以来、イベントでの映像演出や中継配信、eトレーニング、TV会議などのシーンで活用され、映像制作会社やイベント運営会社、企業、学校などで幅広く導入されている。

今回発売される「VR-50HD MK II」は、中小規模のイベント機材として定評の「VR-50HD」(2013年発売)を使用するユーザーからの要望をもとに、より現場で使いやすい操作性、最新のライブ配信で求められる高音質、音声調整や映像切り替えの自動化などを実現したフラッグシップ・モデル。「VR-50HD MK II」では新たに、モニター/収録/ライブ配信など用途に合わせた映像を出力可能な「AUX」専用ボタンを装備。イベントや配信の本番で直感的な操作ができるインターフェース、高品質のオーディオ・プリアンプとADコンバーター搭載によるクリアな音質を実現している。

また、ワンマンオペレーションでも自動で音声バランス調整を行ったり、音声を感知して自動で映像の切り替えを行ったりするオート機能を搭載。LANポートを経由で最大6台のリモートカメラ(PTZカメラ)を制御することもでき、複数のカメラマンなしでオペレーションの省力化を図りながらプロ品質のイベント演出/ライブ配信を行える。

【こんな方にオススメ】
・イベントでの映像切り替えや音声調整、収録、ライブ配信などを行うイベント関係会社、企業、学校

【ここがポイント】
・オールインワンのマルチフォーマットAVミキサーが進化。操作性や音質が向上し、音声バランスの自動調整
・映像の自動切り替え、リモートカメラの制御など新機能が加わってプロの現場でより使いやすくなった新モデル

この記事の画像一覧

(全4枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP