世界的ブルース・ギタリスト、マット・スコフィールド氏とのコラボレーションから生まれたペダル

キョーリツコーポレーション、Mad Professor「supreme FAC」をリリース!(著名ブルース・ギタリスト監修による『至高』の2 in 1オーバードライブ)

キョーリツコーポレーション、Mad Professor「supreme FAC」をリリース!(著名ブルース・ギタリスト監修による『至高』の2 in 1オーバードライブ)

2019/08/02


supreme FAC

 

キョーリツコーポレーションからMad Professor「supreme FAC」がリリースされた。価格はオープン(税抜想定売価:27,800円)。

supremeは、トモ藤田氏やエリック・ゲイルズ氏らと並び称される世界的ブルース・ギタリスト、マット・スコフィールド氏とのコラボレーションから生まれたペダルだ。1台に2台分のオーバードライブ回路を備えており、プレイスタイルに合わせてセットした2種類のトーンをワンプッシュで自在に切り替えることができる。

Aサイド(左側)は主にフロントPU向けのブースター~ローゲインドライブに最適(マット氏愛用の Mad Professor Royal Blue Overdrive を基にした回路です)。Bサイド(右側)は主にブリッジPUに向いており、パワーアンプのようなレスポンスと広いダイナミクスを持ったファットなトーンが特徴だ。なお、これがマット氏流のsupreme活用方法。それぞれ独立したゲイン/ボリューム/2バンドEQを備えているため、上記以外にもバリエーションに富んだ音作りが行えることはいうまでもない。左右の回路をスタックして、更にハイゲインでコンプレッションの強いサウンドにすることもできる。

製品の主な特徴
・それぞれの個性を持った 2 種類のオーバードライブ回路
・各回路に独立したゲイン / ボリューム /2 バンド EQ を装備
・使用方法に合わせた 2 種類のスイッチ設定
・トゥルーバイパス

コントロール
・トグルスイッチ(中央):各フットスイッチの動作切り替え(A/B 各回路の ON/OFF または ワンプッシュでの A/B 切り替え)
・VOLUME:アウトプットレベルを調節
・DRIVE:歪み量を調節
・TREBLE:高域の量を調節
・BASS:低域の量を調節

技術仕様
・供給電圧 : 8V ~ 12V  ※電圧を上げてもヘッドルームには影響しません。
・消費電力 : 15mA at 9VDC
・入力インピーダンス : 450kΩ
・出力インピーダンス : 25kΩ

入力 / 出力端子
・モノラル入力
・モノラル出力
・9VDC パワーサプライ(センターマイナス/ 2.1 mm プラグ)入力  ※9V 電池も使用できます。
 

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP