9月下旬発売予定

デノン、好評のデザインシリーズにスピーカー駆動能力を高めた小型プリメインアンプ「PMA-150H」を投入!

デノン、好評のデザインシリーズにスピーカー駆動能力を高めた小型プリメインアンプ「PMA-150H」を投入!

2019/08/09


PMA-150H「PMA-150H」

 

コンパクトなサイズとシンプルで高品位なデザインの外観に高い音楽表現力と機能性を盛り込まれていることで、幅広いユーザー層から好評を得ているオーディオコンポーネント「デザインシリーズ」。デノンでは、このシリーズにHEOSテクノロジーと最新世代のDDFAアンプモジュールを搭載した高音質プリメインアンプ「PMA-150H」を新たに投入する。

PMA-150Hの最大の特長はスピーカーの駆動能力が大幅に高められていることにある。従来のclass Dアンプの課題とされてきた歪の多さや電源変動による音質劣化を大幅に改善したクアルコムのデジタルアンプ「DDFA」の最新バージョンを採用。さらに、このスピーカー1台あたり、このDDFAアンプを2つ組み合わせてBTL駆動とすることによってスピーカーの駆動能力を大幅に高めた。

音楽信号の処理を行うデジタル・プロセッシングには、デノンが誇る「Advanced AL32 Processing Plus」を投入。ボリューム調整やトーンコントロール、増幅など様々な処理をすべてデジタル領域で行うことで外来ノイズの影響を排除。透明感、分解能に優れた空間描写が図られている。

さらに、デノンが提案するワイヤレス・オーディオシステム「HEOSテクノロジー」を搭載し、音楽ストリーイングサービスやインターネットラジオ、ローカルネットワーク上のミュージックサーバーやUSBメモリーに保存した音源、スマートフォン、タブレット、Bluetooth機器など多彩な音源も再生できる。

デジタル音源だけでなく、ワイドFMにも対応するFM/AMラジオチューナーも搭載。入力端子は、アナログ入力を2系統、同軸デジタル入力を1系統、光デジタル入力を2系統備えているので、CDプレーヤー、レコードプレーヤー、テレビなど様々な機器を接続することも可能。さらにPCを接続して、11.2 MHzのDSDや384 kHz/32 bitのPCMファイルを再生できるUSB-B入力も装備という充実したインターフェース能力を誇っている。

オーディオ機器の命である音質面では、デノンブランドのフラッグシップモデルも手掛けるサウンドデザイナーが音質設計を担当。フルサイズの高級オーディオ機器の開発で培われてきた同社の高音質技術が随所に投入されている。

ヘッドホン回路の高音質化と高い駆動力やAmazon Alexa に対応していることもうれしい。価格は消費税抜きで12万円、9月下旬の発売が予定されている。


◼︎PMA-150Hの主な特徴
・コンパクトでシンプルな外観に高音質技術と多彩な機能を凝縮
・最新バージョンのDDFAをBTL構成で採用
・DSD11.2MHz、PCM384kHz/32bit対応USB DAC
・PCM192kHz/24bit対応デジタル入力
・PCM384kHz/32bit入力対応「Advanced AL32 Processing Plus」を搭載
・現切り替え機能付き高音質ヘッドホンアンプ
・音楽ストリーミングサービスやインターネットラジオに対応
・ワイドFM対応FM/AMラジオチューナー搭載
・AirPlay 2 & Bluetooth対応
・Amazon Alexaによる音声コントロールに対応
 

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP