より軽量・コンパクト、シンプルな操作になり、専用アプリで初心者でもすぐに楽しめる

ローランド、デジタル管楽器「Aerophone」のエントリーモデル「Aerophone mini」をリリース!

ローランド、デジタル管楽器「Aerophone」のエントリーモデル「Aerophone mini」をリリース!

2019/09/10


Aerophone miniAerophone mini

 

Aerophone mini
Aerophone mini

ローランドからリコーダーのような簡単な指づかいで、いつでもどこでも演奏を楽しめるデジタル管楽器「Aerophone」のエントリーモデル「Aerophone mini」(エアロフォン・ミニ)がリリースされた。2019年9月21日(土)発売。価格はオープン(市場想定価格 税込35,000円前後)

(オフィシャル製品概要)
まったく新しいデジタル管楽器として2016年に登場した「Aerophone」。リコーダー感覚で多彩な音色を楽しめ、ヘッドホンを使えば時間や場所を気にすることなく演奏できるなど、いつでもどこでも演奏できる管楽器として好評を博しています。今回発売する『Aerophone mini』は、従来モデルより本体をさらに軽量・コンパクト化し、管楽器に初めて触れる方でもすぐに演奏できるよう、より簡単な運指、練習に便利なアプリとの連携、お求めになりやすい価格を実現したモデルです。

『Aerophone mini』には、サックス、フルート、クラリネット、トランペット、バイオリン、シンセサイザーと厳選された6つの音色を搭載。スタンダードナンバーから流行の曲までさまざまなジャンルの音楽を楽しめます。本体にはスピーカーを内蔵し、電池駆動にも対応。ヘッドホン端子も備えているので、夜中でも周囲に気兼ねなく練習できます。

また『Aerophone mini』は、Bluetooth®MIDI機能でスマートフォンやタブレットとワイヤレス接続し、無料の専用アプリ『Aerophone mini Plus』(iOS/Android対応)を使うことで、初心者の方も楽しく練習しながら素早く上達可能。アプリ内には50以上の音色を搭載しており、さらに多彩な音色で『Aerophone mini』の演奏を楽しめます。アプリのレッスン機能では、11の練習曲を内蔵。曲を再生しながら、譜面のほか音符ごとの運指までスマートフォン上に表示できるので、楽譜が読めない方でも無理なく練習を進められます。Bluetooth®オーディオ機能により、スマートフォンに保存しているお気に入りの曲を再生しながら、カラオケのように演奏を楽しむこともできます。

●こんな方にオススメ
・これから管楽器の演奏を始める初心者の方、新しい趣味として楽器を演奏したい方
●ここがポイント
・リコーダー感覚で気軽に演奏を楽しめるデジタル管楽器「Aerophone」のエントリーモデル
・無料の専用アプリ(iOS/Android対応)を使って、初心者でも楽しく練習しながら上達できる

この記事の画像一覧

(全3枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP