人気を博したiRig Keysの次世代型モデル

IK Multimedia、「iRig Keys 2」シリーズを発表!(オーディオ出力端子、MIDI入出力端子、アサイン可能なノブなどを搭載したモバイルMIDIキーボード)

IK Multimedia、「iRig Keys 2」シリーズを発表!(オーディオ出力端子、MIDI入出力端子、アサイン可能なノブなどを搭載したモバイルMIDIキーボード)

2019/09/13


「iRig Keys 2」「iRig Keys 2 Pro」「iRig Keys 2」「iRig Keys 2 Pro」

 

IK MultimediaからiPhone、 iPad、Android、Mac、PCに対応するiRig Keysの次世代型モバイルMIDIキーボード、「iRig Keys 2」シリーズが発表された。「iRig Keys 2」は省スペース性と携帯性に優れた37鍵ミニサイズ鍵盤仕様、「iRig Keys 2 Pro」は定評のある37鍵フルサイズ鍵盤仕様となっており、オーディオ出力端子やMIDI入出力端子の追加搭載、モバイル・バッテリーなどでのスタンドアローン駆動など、さらに多用途に対応可能だ。

価格はオープンプライス(税別市場想定価格iRig Keys 2:18,000円前後、iRig Keys 2 Pro:20,000円前後)

(オフィシャル製品概要)

さらにユニバーサルなキーボードへ

iRig Keys 2は、Mac/PC、iPhone、iPad、そしてAndroid(別売りのmicro-USB to OTGケーブル、もしくはmicro-USB to USB-Cケーブルが必要)に接続できます。新たにヘッドフォン出力端子を搭載したことにより、最新のiPhoneやAndroidデバイスなどヘッドフォン端子が搭載されていないデバイス使用時にも、iRig Keys 2のヘッドフォン端子からモニター可能です。もちろん、iRig Keys 2のヘッドフォン端子から外部モニター・システムに出力し、大音量でのパフォーマンス演奏にも対応できます。また、Mac/PCやモバイル・デバイスに接続する場合、iRig Keys 2はMIDIインターフェースとしても機能します。Mac/PCを介さずにスタンドアローンでも駆動しますので、UNO SynthやUNO Drumなどのハードウェア・シンセサイザーも、直接演奏できます。

カスタマイズやコントロールも、保存して呼び出し可能
iRig Keys 2には、モジュレーション・ホイール、ピッチ・ベンド・ホイール、音量調節ノブ、オクターブおよびプログラムup / downボタン、SETおよびALTボタン、データ・プッシュ・エンコーダーなど、数多くの便利なコントロールが搭載されています。さらに任意のパラメーターをアサインして操作できる、4つのコントロール・ノブも搭載しており、ページを切り替えることで計8つのパラメーターのコントロールが可能です。エディット・モードでは、キーのトランスポーズやベロシティ感度の設定、MIDIチャンネルの変更やノブのカスタマイズなど、数多くの設定が保存でき、SETボタンでいつでも呼び出すことが可能です。

アプリケーションで、さらに拡がる可能性
iRig Keys 2には、IK Multimediaが誇る業界標準のMac/PC用サウンド&グルーヴ・ワークステーション、SampleTank 4 SEがバンドルされています。SampleTank 4本体のフル機能に加え、厳選された2,000種類のインストゥルメント、合計30 GB以上のライブラリーを収録しています。モバイル・デバイス用には、無償アプリのSampleTank FREE for iOS、iGrand Piano FREE for iOS&Android、iLectric Piano FREE for Androidを用意しています(製品登録でボーナス・サウンドが解放されます)。その他にもiRig Keys 2はiPhone、iPad、Android、Mac/PCで動作するさまざまなアプリケーションと組み合わせて使用できますので、演奏の練習、作曲、ライブ・パフォーマンスなど、さまざまなアプリがあなたのインスピレーションを刺激してくれることでしょう。

価格(税別)と購入方法
iRig Keys 2シリーズは、全国のIK Multimedia正規販売代理店にてお買い求めいただけます。
 

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP