様々なスタイルのピッキング・パターンを194種類収録。パターン演奏に合わせてメロディラインの演奏も可能に!

Native Instruments、「SESSION GUITARIST PICKED ACOUSTIC」をリリース!

Native Instruments、「SESSION GUITARIST PICKED ACOUSTIC」をリリース!

2019/09/20


「SESSION GUITARIST PICKED ACOUSTIC」「SESSION GUITARIST PICKED ACOUSTIC」

 

Native Instrumentsから「SESSION GUITARIST PICKED ACOUSTIC」がリリースされた。SESSION GUITARIST PICKED ACOUSTICはSESSION GUITARISTシリーズの最新音源で、プロミュージシャンによるパターン/メロディを搭載。専用のセカンドインストゥルメント(melody.nki)を使用すると、パターン演奏に合わせてメロディラインを演奏できるのも特徴だ。KONTAKT6.1及び、KONTAKT6.1PLAYERで動作し、現在NI オンラインショップにて¥12,800で販売中。

<オフィシャル製品概要>

「SESSION GUITARIST PICKED ACOUSTIC」は様々なスタイルのピッキング・パターンを194種類収録し、プロのセッションミュージシャンが1973年製Martin 00-21をを使用して録音しています。 専用のセカンドインストゥルメント(melody.nki)を使用すると、パターン演奏に合わせてメロディラインを演奏できます。 3つのマイク設定、様々なアーティキュレーション、多彩なエフェクトなどを選択し、サウンドのカスタマイズを行うことができます。

194 パターン、37 ソング、独立したメロディ・インストゥルメント

PICKED ACOUSTICは、ロック、ポップ、レゲエ、カントリー、フォーク、ラテンなど、幅広い音楽ジャンルに適した194のピックリズム、アルペジオ、リフ、ストラムパターンを選ぶことができ、 どのパターンもリアルタイムで演奏可能。 メロディ用インストゥルメントも個別に読み込む事ができ、パターンとメロディを組み合わせて、まとまりのあるパフォーマンスを行えます。 指やピックによる弾き方の選択、スライドやハンマリングの追加、ハーモニクスやトレモロのような奏法を組み合わせて、表現豊かな演奏を生み出すことができます。

3つのマイク設定、広範なカスタマイズオプション

小型ボディのビンテージアコースティックギターが奏でる鮮やかで抜けの良い音色を上手く捉えているので、ピック演奏のスタイルにぴったりです。 ギターは3つの異なるマイク設定と高級機材を利用し、人気のセッションプロによる綿密なレコーディングが行われました。 ユーザーはマイク設定をすばやく変更し、特定のプロジェクトやミックスに適したサウンドに調整できます。PICKED ACOUSTICは様々なカスタマイズオプションとエフェクトも備えています。 ユーザーはステレオ幅の調整、ダブリングの利用、ネック位置の変更、フレットノイズの追加、チューニングの調整を行えます。 エフェクトにはREPLIKAディレイ、新しいプレートリバーブ、コーラス、コンプレッサー、テープサチュレーションなどが装備されています。

drumasonic社とのコラボレーション

PICKED ACOUSTICは、他のSESSION GUITARISTシリーズ(STRUMMED ACOUSTIC、STRUMMED ACOUSTIC 2、ELECTRIC SUNBURST)と同じく、権威ある賞の受賞歴を持つ製作チーム drumasonic とのコラボレーションによって誕生しました。


 

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP