新たな音色バリエーションやエフェクトの強化、使いやすさも改善しパフォーマンス性が向上

ローランド、ロック向けギターアンプ「KATANA」シリーズをリニューアルしてリリース!

ローランド、ロック向けギターアンプ「KATANA」シリーズをリニューアルしてリリース!

2019/10/04


「KATANA」シリーズ

左から「KATANA-50 MkII」(50W)、「KATANA-100 MkII」(100W)、「KATANA-100/212 MkII」、(100W)、右手前「KATANA-HEAD MkII」(100W)

ローランドから「KATANA」シリーズをリニューアルした「KATANA-50 MkII」、「KATANA-100 MkII」、「KATANA-100/212 MkII」、「KATANA-HEAD MkII」がリリースされた。価格はオープン。市場想定価格(税込)は以下の通り。

最大出力50W、12インチ(30㎝)カスタム・スピーカー搭載
「KATANA-50 MkII」 28,000円前後

最大出力100W、12インチ(30㎝)カスタム・スピーカー搭載
「KATANA-100 MkII」 55,000円前後

最大出力100W、12インチ(30㎝)カスタム・スピーカー×2基搭載
「KATANA-100/212 MkII」66,000円前後

最大出力100Wのヘッドアンプ。本体の5インチ(12㎝)スピーカーでは最大30Wの出力が可能
「KATANA-HEAD MkII」 42,000円前後

(製品オフィシャル概要)
ロック・ギタリストの多くは、パワフルなサウンドと、激しいピッキングにもすばやく反応するギターアンプを求めます。当社が2016年に発売したギターアンプ『KATANA』シリーズは、永年にわたって培ってきたギターアンプの回路設計、チューニング等に関するノウハウを注ぎ込んだ独自技術「Tube Logic」を採用し、本格的かつパワフルなサウンドと充実した機能を持ちながら、手頃な価格と小型・軽量化を実現。世界中で高い評価を受けています。

今回発売する『KATANA MkII』シリーズは、温かみのあるビンテージ・トーンやモダンなハイゲイン・サウンド、エレクトリック・アコースティック・ギター専用の音色など、従来搭載されていた5タイプのアンプ・キャラクターに新しい音色バリエーションを追加し、合計10種類のサウンドを楽しむことが可能。さらに幅広い音色で演奏することができます。

『KATANA』シリーズの大きな特長のひとつであるエフェクト機能も強化。60種類以上のエフェクトから好みの15種類をアンプ本体にセットし、多彩なサウンドを作ることができます。同時使用可能のエフェクト数も3種類から5種類に増強し、専用エディター・ソフトを使うことで、より緻密なエフェクトのセッティングを行うことが可能です。さらに、専用ウェブサイト(http://bosstonecentral.com/)からプロ・ギタリスト作成の即戦力の音色データをダウンロードして『KATANA MkII』シリーズで楽しむこともできます。

『KATANA MkII』シリーズは、マルチ・エフェクターや外部プリアンプを接続する際に、パワード・キャビネットとして使用することも可能。マイク・キャビネット・シミュレーションを備えたレコーディング用出力端子も装備し、ライブ演奏や音楽制作など、さまざまなシーンで活躍します。出力やスピーカー仕様のバリエーション、さらには、好みのスピーカー・キャビネットとの組み合わせが可能なヘッドアンプ・タイプなど、4モデルからお選びいただけます。

●こんな方にオススメ
・理想のロックギター・サウンドを求める、アンプの音質や表現力にこだわりを持つギタリスト
●ここがポイント
・心地よい歪(ひず)みやレスポンス、パワフルさを追求した『KATANA』アンプ・シリーズがアップグレードして登場
・5タイプのアンプにそれぞれ音色バリエーションを追加、エフェクトや外部機器との連携など全方位の進化を実現

「KATANA-50 MkII」「KATANA-50 MkII」

 

「KATANA-100 MkII」

「KATANA-100 MkII」

「KATANA-100/212 MkII」

「KATANA-100/212 MkII」

「KATANA-HEAD MkII」

「KATANA-HEAD MkII」

この記事の画像一覧

(全5枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP