Jerry Harvey AudioのカスタムIEM(インイヤーモニター)新製品

Jerry Harvey Audio、「Jimi」Custom IEMをリリース!(ロックシーンの伝説的なアイコンを祝う最新シリーズ ICON(アイコン)の第一弾)

Jerry Harvey Audio、「Jimi」Custom IEMをリリース!(ロックシーンの伝説的なアイコンを祝う最新シリーズ ICON(アイコン)の第一弾)

2019/11/19


「Jimi」Custom IEM
「Jimi」Custom IEM

 

「Jimi」Custom IEM

米国インイヤーモニター(以下IEM)メーカー「Jerry Harvey Audio(以下:JH Audio)」は、ロックシーンの伝説的なアイコンを祝う最新シリーズ ICON(アイコン)の第一弾である「Jimi」Custom IEMを発表した。

<Jimi/Custom IEM>
定価オープン/市場予想価格 199,980円(税込み)

<Purple Haze/Signature Design>
定価オープン/市場予想価格 165,000円(税込み)
※日本国内での『Jimi』の具体的な技術情報及び受注開始日等については、決定次第、改めてご案内いたします。

【取り扱い予定店舗】JH AudioカスタムIEM取扱店
e☆イヤホン(カスタムIEM取り扱い店)、フジヤエービック ※五十音順


(製品のオフィシャル概要)

ロックンロールの偉大なレジェンドに触発された「ICONシリーズ」は、革新的で創造的な考えのネクスト・ウェーブをIEMの世界にもたらします。ファンキーで滑らかでありながら、エレクトロリックなIEMである『Jimi』は、片側7基(低域×2/中域×1/高域×4)のBAドライバーで構成され、最新の「7pinコネクター」を使用した新IEMケーブル、ビルトインタイプの「Acoustic Sound Chamber™(アコースティックサウンドチャンバー)」、位相を揃える特許技術である「Freqphase™(フリークフェイズ)」といった最新のトピックをフューチャー。さらに、同時に発表となるデザインオプションの新シグネチャーデザイン“Purple Haze(パープルヘイズ)”は、レジンとライブエッジウッドで構成され、その見事な美しさに息を飲むでしょう。

「Jimi」の主な特徴

・ドライバー構成
7BAデザインで構成される『Jimi』は、デュアルLow、シングルMid、クアッドHighで構成。ケーブルに含まれているアッテネーターにより+ 12dbまでの範囲で低域の調整が可能。スムーズで迫力ある低音レスポンスを実現します。

・7pinコネクター採用新IEMケーブル
JH Audioとして、これまでで最もプレミアムなケーブルです。この7pinコネクター採用新IEMケーブルは、酸化、緑化しにくい高純度OFCの4N銀メッキリッツ線を使用。ドイツ製の7pinコネクターはミリタリーグレードのイリジウムを使用しており、接続部をしっかりと固定、取り付けと取り外しを簡単にできるよう設計されています。内蔵のOリングは、過酷な環境下でも汗やホコリの侵入を防ぎ、ケーブルとコネクター間の接続をクリーンでドライに保ちます。ケーブルは、改良されたメモリワイヤを耳周り部分に備えており、よりしっかりとフィットします。

・Acoustic Sound Chamber
3Dプリントされたビルトインタイプのチューブシステムは、JH Audio製カスタムIEMタイプとしては初めての採用となり、汗やホコリなどを寄せ付けず、メンテナンスの負担を軽減します。

・Freqphase
特許技術である本テクノロジーにより、多数のドライバー構成での時間軸と各帯域の位相を、全ての周波数において正確に制御します。各ドライバーの信号を0. 01ミリ秒以内に確実に到達させ、IEMとして正確な音楽再生を実現します。


新デザインオプション「Purple Haze」の主な特徴

・Purple Haze Signature Design(※デザインオプション)
新しくシグネチャーデザインオプションに、ユニークな美しさを持つ“Purple Haze”が加わりました。レジンとライブエッジウッドのコンビネーションに、ゴールドのロゴが仕上げに加わることで、『Jimi』に完璧な「far out*」の雰囲気を与えています。
*「型破りな感じ」や「斬新さ」を意味します。

主な仕様
・周波数特性:10Hz~23kHz
・入力感度:117dB @ 1mW
・インピーダンス:17Ω
・ノイズアイソレーション:-26dB
 

この記事の画像一覧

(全3枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP