歪みエフェクトペダルが自分で作れちゃう!

コルグ、Nu:Tekt「OD-S」をリリース!(真空管Nutubeを搭載したオーバードライブペダルDIYキット)

コルグ、Nu:Tekt「OD-S」をリリース!(真空管Nutubeを搭載したオーバードライブペダルDIYキット)

2020/01/15


Nu:Tekt「OD-S」Nu:Tekt「OD-S」

 

Nu:Tekt「OD-S」
Nu:Tekt「OD-S」

コルグから真空管Nutubeを搭載したオーバードライブペダルDIYキット、Nu:Tekt「OD-S」がリリースされた。2020 年02 月下旬発売予定。価格は税抜き予定価格 ¥22,000 前後。

Nu:Tekt「OD-S」の主な特徴
■簡単に組み立てられるオーバードライブ・キット
■はんだ付けは不要
■次世代型真空管Nutube 搭載
■簡単にカスタマイズ可能

(製品オフィシャル概要)
OD-S オーバードライブキットによって自分仕様のエフェクトペダルを自分の手で作ることが可能になりました。はんだ付け不要の簡単な製作とカスタマイズによってDIY を楽しむことができます。さらに、OD-S キットは完全アナログの三極真空管であるNutube を搭載しており、その温かく豊かな倍音はすべてのギタリストが満足するものです。

1. 自分の手でエフェクトペダルを作る
自分でエフェクトペダルを制作することは難しくてなかなか踏み込めないと思われがちです。しかしOD-S は簡単に楽しく組み立てることが出来るキットで、カスタマイズすれば自分好みの憧れのあの音色にたどり着くことが出来ます。キットの組み立ては、はんだ付けは不要なので初心者でも心配ありません。すぐに組み立てて楽しむことが出来ます。

2. 正真正銘の真空管サウンド
Nutube はKORG とノリタケ電子によって共同開発された次世代型真空管です。Nutube は従来の真空管と同様にアノード、グリッド、フィラメントで構成されていて完全な三極管として動作します。電池でも動作できるこのNutube を使ったOD-S はリアルな真空管サウンドを楽しめます。

多彩な音色の可能性
OD-S には2 つのゲインノブがあります。真空管への入力レベルを調整するGAIN ノブと、真空管回路のアノードの負荷で歪みを変えられるTUBE GAIN の二つです。これにより真空管の音色を好みに合わせて調整することが出来ます。また、OD-S はフルレンジ、ミッドレンジの2 種類のオーバードライブを選べるスイッチやトゥルーバイパスが組み込まれていて、ライブパフォーマンスにも十分対応できる本格的なエフェクターとなっています。さらに音色を自分好みにカスタマイズしたい上級者のために回路図も同梱しています。ディスクリート部品を追加、変更すれば目的の音色とパフォーマンスに合わせた独自のペダルエフェクトを簡単に作成できる、果てしない可能性を秘めています。

仕様
・真空管:Nutube 6P1
・接続端子:INPUT/OUTPUT 端子 モノラル・フォーン・ジャック、DC9V 端子
・電源:9V アルカリ乾電池(別売)、またはDC9V 電源アダプター(別売)
・電池寿命:約10 時間(アルカリ乾電池使用時)
・消費電流:46mA
・外形寸法:122 (幅) × 96 (奥行) × 55 (高さ) mm
・質量:340 g (電池含まず)
・付属品:説明書
・オプション:コルグAC アダプター KA181(DC9V)
* すべての商品名または規格名は関係各社の商標または登録商標です。
* 製品の仕様および外観は改良のため予告なく変更する場合があります。
* 表示の価格は2020 年01 月現在のものです。
 

この記事の画像一覧

(全3枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP