【WINTER NAMM 2020速報】

IK Multimedia、「Z-TONE Buffer Boost」と「Z-TONE DI」をリリース!(ギター、ベースの信号をバランス変換するだけではない、新発想のDI製品)

IK Multimedia、「Z-TONE Buffer Boost」と「Z-TONE DI」をリリース!(ギター、ベースの信号をバランス変換するだけではない、新発想のDI製品)

2020/01/17


IK Multimedia「Z-TONE Buffer Boost」と「Z-TONE DI」

IK Multimedia「Z-TONE Buffer Boost」と「Z-TONE DI」

IK Multimediaから「Z-TONE Buffer Boost」と「Z-TONE DI」がリリースされた。「Z-TONE Buffer Boost」と「Z-TONE DI」は、ギターに必要な仕様を考え抜いて作られたオーディオ・インターフェースとして高く評価されたAXE I/O譲りのユニークな仕様が投入された、プリアンプDIペダルとアクティブDIだ。2020年春発売予定。価格はオープンプライス(Z-TONE Buffer Boost:税別市場想定価格22,800円前後、Z-TONE DI:税別市場想定価格19,800円前後)。

(製品オフィシャル概要)
入力インピーダンスを連続的に調整可能とすることで、ギター、ベースから求めるトーンを引き出すZ-Tone™技術。絶妙な倍音により柔らかく、温かいサウンドを生み出すディスクリートJFETと、透明で、正確なサウンドを伝えるPUREの2モード切替スイッチ。アクティブ/パッシブそれぞれにて最適な回路構成を選択するピックアップ・セレクタ。そんな、従来のDIを超えた高度なトーン・シェーピング機能を備えることで、ステージでも、スタジオでも、最高のギター、ベース・トーンにてプレイすることが可能となります。

Z-TONE Buffer Boost
Z-TONE Buffer Boostは、入力インピーダンスを調整するZ-Tone、JFET/PUREスイッチ、アクティブ/パッシブ・ピックアップ・セレクタに加え、バッファー、ブースト機能を搭載した、ギター/ベース用のプリアンプDIペダルです。最高クラスのダイナミック・レンジと周波数特性を実現しており、ステージでも、スタジオでも、高品位な楽器用プリアンプとしてお使いいただけます。

Z-TONE Buffer Boostには、複数のエフェクターを連結したペダルボードや長いケーブルを使用したときも楽器本来のトーンを保持するバッファー、-/+8dB範囲のインプット・ゲインと、ボリュームを最大+10dB加えるブースト・ノブが搭載されています。Z-Tone回路、ブースト回路は、それぞれフットスイッチでOn/Off(バイパス)することができます。

Z-TONE Buffer Boostには、ハム・ノイズに対処するグランド・リフト・スイッチ付きのXLRバランス・アウト、1/4"標準のアンバランス・アウトに加え、入力信号をそのまま出力するLINK OUTが用意されているので、エフェクター、アンプをLINK OUT経由で鳴らしながら、XLRまたは標準端子のDI信号をミキサーやレコーディング用のインターフェースに送ることができます。

Z-TONE Buffer Boostは、9V電池または標準の9V電源アダプタで動作するので、既存のエフェクター・リグの一部として簡単にお使いいただけます。

Z-TONE DI
Z-TONE DIは、入力インピーダンスを調整するZ-Tone、アクティブ/パッシブ・ピックアップ・セレクタ、JFET/PUREスイッチに加え、入力ゲイン調整機能も備えた、アクティブDIボックスです。

Z-TONE DIは、Z-TONE Buffer Boost同様に超低ノイズ仕様となっており、最高クラスのダイナミック・レンジと周波数特性により、楽器本来のサウンドをそのまま出力可能です。フロント・パネルで入力ゲインを-/+8dB範囲で調整できるほか、背面には-20dBパッド・ボタンも用意されています。

Z-TONE DIには、ハム・ノイズに対処するグランド・リフト・スイッチ付きのXLRバランス・アウト、1/4"標準のアンバランス・アウトに加え、入力信号をそのまま出力するLINK OUTが用意されているので、エフェクター、アンプをLINK OUT経由で鳴らしながら、XLRまたは標準端子のDI信号をミキサーやレコーディング用のインターフェースに送ることができます。

Z-TONE DIは9V電池またはXLR端子経由の48Vファンタム電源でお使いいただけます。

Made in ltaly
Z-TONE Buffer Boost、Z-TONE DIの開発、製造は、イタリア・モデナにあるIK Multimedia本社にて行われています。ともに頑丈な金属製シャーシに収容されており、ツアーでも安心してお使いいただけます。

 

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP