2年にわたる徹底的な研究開発から生まれたモニターコントローラー

フックアップ、Heritage Audio「RAM System 2000」を発売開始!

フックアップ、Heritage Audio「RAM System 2000」を発売開始!

2020/02/07


Heritage Audio「RAM System 2000」Heritage Audio「RAM System 2000」

 

フックアップからHeritage Audio社のモニターコントローラー、RAM System 2000の発売が開始された。価格はオープン(市場実勢価格:税別100,000円)。

(製品オフィシャル概要)
2019年より日本への正式上陸を果たしたスペインHeritage Audio社より、新たなラインナップとしてモニターコントローラーが登場します。欧米ではRAM systemシリーズとして3つのモデルをラインナップしておりますが、日本では第一弾として最もスタンダードなRAM System 2000からスタートします。Heritage Audio RAM System シリーズは、モニターコントローラーに求められる厳しいスタジオニーズを満たすべく、2年にわたる徹底的な研究開発から生まれました。

最適に設計されたアナログ回路によるトランスペアレントなサウンドと低いノイズレベルや歪み率に加えて、最新のスタジオ作業で便利なBluetoothレシーバーを内蔵するなど、新機能も搭載されています。3系統のバランス仕様のアナログインプットと3系統のアウトプットに加え、独立したプリフェーダーミックスアウトや独立したキューI/O。さらにはS/PDIFコアキシャルインプットとモバイル機器を簡単に接続できるプロ音質のBluetoothインプットを装備しました。他にも現代のスタジオワークに欠かせない機能を搭載しながら、とてもリーズナブルな価格に抑えられているのがHeritage Audio RAM 2000です。

RAM System 2000の特徴
RAM System 2000 にはマスターレベルのコントロール用に、金メッキされた64ステップの“リレーラダーアッテネーター”が採用されています。一般的にはハイエンドの大型コンソールで見られるような特長です。加えてBluetooth を介した、モバイルデバイスとのワイヤレス接続も実現。

ステレオ3系統の +4dBu バランスアナログ入力、ステレオ3系統のアナログ出力、独立した MIX 出力(プリフェーダー)、独立したステレオ CUE 入出力、S/PDIF コアキシャル入力、モバイルデバイスも簡単に接続できる Bluetooth 入力、そして独立したサブウーファー出力までを備え、各スピーカーペアとサブを簡単に共有できます。さらには2系統の高品質なダイヤモンドバッファベースのヘッドフォンアンプがノイズや余計な色付けのないサウンドを提供します。ユーザー設定を2つまで割り当て可能なプリセットレベル機能、アーティストとのコミュニケーションのためのトークバック機能など、たいへん便利な機能も用意されています。

・クラシックなルックスのデスクトップ型モニターコントローラー
・マスタリンググレードのステレオモニタリング機能を必要とするスタジオ向けの設計
・高品質な自照式ボタンによる確かな操作
・マスターレベルを1dB刻みで調整可能な64ステップのリレーラダーアッテネーター
・3系統の+4dBuバランスアナログ入力
*インプット3は切り替えによって-10dBVアンバランス入力に対応
・独立したステレオ CUE 入出力によって、アーティストへキューミックスを提供
・Burr-Brown社製の 24ビット/96kHz D/A コンバーターを備える S/PDIF コアキシャル入力
・モバイルデバイスとの接続が簡単に行える、プロオーディオ品質の Bluetooth 入力
・3系統のステレオ出力
・独立した MIX 出力(プリフェーダー)
・独立したサブウーファー出力
・DIM機能、スピーカーごとのミュート/ソロ
・ユーザー設定を2つまで保存/呼び出しが可能なプリセットレベル機能
・コンソールスタイルのトークバック機能(Talkback to Cue、Talkback to Mix、Talkback to All)
・オーディオファイルグレードの、高レベル、超高電流、ダイヤモンドバッファベースのヘッドフォンアンプによって、ノイズや色付けなくヘッドフォンを駆動
・ヘッドフォンソースとして、MIX もしくは CUE いずれかを選択可能
・優れた透明性、超低ノイズ、低歪みを実現する最先端のアナログ回路
・入出力を含むすべての機能において、金メッキリレーのスイッチを採用

RAM System 2000の主な仕様
・最大アナログ入力レベル:+ 27.5dBu 以上
・デジタル入力: 最大 24ビット/96 kHz、出力で 0dBfs = +22dBu(すべてフェーダーアップ状態)
・Bluetooth 入力: AAC、aptX、SBC、出力で 0dBfs = +22dBu(すべてフェーダーアップ状態)
・DIM時のアッテネーションレベル:   -20dB
・最大出力レベル: +27dBu 以上、600Ω
・ノイズレベル: -99dBu 以下
・全高調波歪(THD): 0.001% 以下(@1 kHz)、バランス入力からバランス出力まで(すべてフェーダーアップ状態)

Heritage Audio社について
Heritage Audio 社は、スペインに本拠を置くプロオーディオメーカーで、CEOのピーター・ロドリゲスが音楽業界で長年の経験を基に、自身で納得できるスタジオ機材を創るべく、自ら立ち上げた会社です。ピーター自身がサウンドエンジニア兼音楽プロデューサーの経験があり、“ゴールデンエイジ”と呼ばれた時代のあのサウンドを21世紀のスタジオに蘇らせることを目的に創設しました。

アナログによるサウンドプロセッシングに必要な様々なモデルをラインアップしており、すべての製品の開発と生産はスペインで行われています。そして世界30数か国以上のプロフェッショナルなスタジオで愛用されています。
 

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP