伝統的な和太鼓のさまざまな音色で演奏可能

ローランド、世界初の「担ぎ桶」スタイルの電子和太鼓「TAIKO-1」をリリース!(2020年夏に発売)

ローランド、世界初の「担ぎ桶」スタイルの電子和太鼓「TAIKO-1」をリリース!(2020年夏に発売)

2020/02/07


「TAIKO-1」「TAIKO-1」

 

「TAIKO-1」
「TAIKO-1」
「TAIKO-1」

ローランドから長年の電子ドラム開発で培った技術を駆使し、さまざまな種類の太鼓の演奏が可能な電子和太鼓「TAIKO-1」がリリースされた(2020年夏に発売)。価格はオープン(市場想定価格:税込142,000円前後)

(製品オフィシャル概要)
当社(ローランド株式会社)は、「創造体験で世界中の人々をワクワクさせる」という理念のもと、電子楽器の可能性を広げる製品の開発を続けてきました。電子ドラムの研究開発にも長年取り組み、多くの独自技術やノウハウを蓄積。その技術を応用し、カホンを電子化した「ELCajon」など、電子パーカッションの開発にも注力しています。また、日本の伝統的な和太鼓についても研究を進めるなかで、太鼓芸能集団「鼓童」と出会い、お互いが打楽器文化を発展させたいという思いに共感し、交流を深めてきました。

当社は、鼓童の協力のもと、電子和太鼓への取り組みを進め、2017年に初の試作機を製作。同機を使用したパフォーマンスは大きな話題となりました。その後も、ローランドの技術やノウハウを注ぎ込み、さらなる構造の改良や軽量化をはかり、このたび世界初の担ぎ桶※スタイルの電子和太鼓『TAIKO-1』が完成しました。

和太鼓は、日本各地の伝統的な祭りや寺社祭礼、学校教育などで用いられ、多くの方に親しまれている楽器です。しかしながら、演奏時の音量が大きく、本体のサイズや重さによって持ち運びに苦労しがちな和太鼓を個人で所有することは難しく、練習する場所も限られていました。また、演奏会場の環境によっては、大きな太鼓を持ち込めないことがプロの演奏者にとって悩みのひとつでした。

『TAIKO-1』は、打面を叩く位置や強さに応じて多彩な音を奏でる和太鼓特有の音色変化を、ローランドの技術によって忠実に再現しています。桶胴太鼓はもちろん、異なる種類の和太鼓や拍子木、さらには太鼓以外の打楽器の音色まで内蔵し、1台でさまざまな音色を使って演奏できます。打面には、静粛性に優れたローランド独自のメッシュ素材の採用し、音の大きさを気にせず練習することが可能。また、本体を分解してコンパクトに収納でき、持ち運びもスムーズです。充電式ニッケル水素電池(単3形x 8本)での駆動にも対応し、自由に動きながら演奏できます。

『TAIKO-1』は、これから和太鼓を始めたい初心者が気軽に練習できるだけでなく、プロ演奏家のパフォーマンスの可能性を広げることができ、幅広い演奏者にお使いいただける新しい和太鼓です。

※木の桶を使った胴と鉄の輪に革を張った打面を持ち、帯で肩にかけて演奏する太鼓


●こんな方にオススメ
・演奏経験の少ない和太鼓初心者や、練習時間を増やしたい方
・これまでにない新しい演奏やパフォーマンスを追求するプロの和太鼓奏者の方

●ここがポイント
・自然な演奏感で、さまざまな種類の和太鼓の音色を1台で楽しめる電子和太鼓
・周囲への音を気にせず、練習サポート機能で一人でも和太鼓練習が可能

この記事の画像一覧

(全4枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP