マーシャルのリファレンス機と2203KK をプラグイン化

エムアイセブンジャパン、SoftubeのMarshall公認プラグイン2種類をリリース!

エムアイセブンジャパン、SoftubeのMarshall公認プラグイン2種類をリリース!

2020/02/13


Softube Marshall Super Lead 1959マーシャル社が所蔵するリファレンス機をネイティブ・プラグイン化したSoftube Marshall Super Lead 1959

 

ケリー・キングのMarshall 2203KK をネイティブ・プラグイン化したSoftube Marshall Kerry King Signatureケリー・キングのMarshall 2203KK をネイティブ・プラグイン化したSoftube Marshall Kerry King Signature

 

エムアイセブンジャパンからマーシャル社が所蔵するリファレンス機をネイティブ・プラグイン化した「Softube Marshall Super Lead 1959」と、ケリー・キングのMarshall 2203KK をネイティブ・プラグイン化した「Softube Marshall Kerry King Signature」がリリースされた。価格はオープンプライス(MUSIC EcoSystems STORE価格:14,900円/3月11日までイントロ・プライス9,900円)。

(製品オフィシャル概要)
マーシャル社が所蔵する貴重なPlexiリファレンス機をネイティブ・プラグイン化したSoftube Marshall Super Lead 1959は、ハイ・ゲイン入力とロー・ゲイン入力が用意されており、トゥワンギー・サウンドから泣きのソロまで幅広いサウンドが得られます。さらに数々のロック・アルバムを手掛けてきたトニー・プラット氏が1960BHWキャビネットやマイキングまでも忠実に収録しています。

スレイヤーのギタリスト、ケリー・キングのシグネチャー・モデルMarshall 2203KKをプラグイン化したSoftube Marshall Kerry King Signatureは、実機の忠実なモデリングだけでなく、本人が所有するキャビネットのインパルス・レスポンスやスタジオでのマイキングをテリー・デイト氏が担当し、さらにストックホルムで行われたスタジアム・ライブでのステージ・セットアップはクリス・パック氏が担当し、スタジオからスタジアム・サウンドまでをカバーしています。

これらMarshall公認プラグインにより、歴史的なロック・サウンドから真のビースト・サウンドまでもがDAW上で再現可能です。このリリースを記念して3月11日までイントロ・プライスを実施です。



 

この記事の画像一覧

(全2枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP