2020年2月28日(金)より発売開始

フックアップ、Carl Martin「Acoustic GIG」をリリース!(アコースティックギター用マルチエフェクトペダル)

フックアップ、Carl Martin「Acoustic GIG」をリリース!(アコースティックギター用マルチエフェクトペダル)

2020/02/26


Carl Martin「Acoustic GIG」Carl Martin「Acoustic GIG」

 

Carl Martin「Acoustic GIG」
Carl Martin「Acoustic GIG」
フックアップからアコースティックギター用マルチエフェクトペダルCarl Martin「Acoustic GIG」がリリースされた。2020年2月28日(金)より発売開始。価格:オープン(市場実勢価格:税別 50,000円)。

(製品オフィシャル概要)
アコースティックギター用のQuattroともいうべきこのAcoustic GIGは、シンプルながら必要最低限なエフェクトをまとめたマルチエフェクトペダルです。

まず、Carl Martinが誇るロングセラーモデル、Compressor/Limiterの回路を移植したコンプレッサーセクションが、エフェクトチェーンのはじめに搭載されています。シンプルなコントロールながら、メリハリのあるアコースティックギターのサウンドをつくり上げます。

次に搭載されたエコーセクションは、ビンテージスタイルのテープエコーのサウンドを実現します。タップテンポフットスイッチでディレイタイムを設定できる他、ユニークな「付点8分音符」スイッチを押すことで、少し変わったニュアンスのエコーも得られます。

続いて搭載されたリバーブセクションはアナログとデジタルのハイブリッド仕様によるビンテージスタイルの暖かみのあるサウンドで、アコースティックギターを艶やかに美しく仕上げます。ノブの設定を大きくしていくとモジュレーション効果が加わるようになっています。

その後ろに搭載されたブーストは、クリーンに15dBのゲインを付加します。例えばソロのときに、音質変えずに音量をアップできます。しかも、ピエゾピックアップを使用しても「暴れた様な」サウンドにはなりません。

最後に3バンド仕様のセミパラメトリックEQセクションがあります。Carl Martinの人気のモデル、3 Band Parametric Pre-Ampをそのまま移植し、ギターのトーンをシェイプアップします。

なおブースターセクションとEQセクションの間には、チェーンにエフェクトを追加できるセンド/リターンを装備。そのエフェクトに電源も供給できるように、予備DCアウトをリアに搭載しました。

その他、フィードバック回避に有効なフェイズスイッチ、全体の出力をオフにするミュートスイッチ、そのミュートスイッチと連動するチューナー、グランドリフトスイッチ付きのバランスDIアウトなど、素晴らしいアコースティックギターサウンドをつくり上げるための必要かつ充分な機能を網羅しています。

Acoustic GIGのコントロールと仕様
・Compノブ:コンプレッション効果の調整
・Levelノブ:コンプレッションのオン/オフで音量バランスを調整
・Echoノブ:エコー成分量の調整
・Repeatノブ:エコー回数の調整
・Toneミニノブ:エコーの音質調整
・付点8分音符スイッチ:複雑なエコーサンドにします
・Reverbノブ:リバーブ成分量の調整、時計回り方向でモジュレーション効果が付加
・Boostノブ:最大15 dBのブースト量の調整
・EQバイパススイッチ:EQセクションのバイパスをします
・Trebleノブ:高音域のレベル調整
・1,5K-16Kミニノブ:高音域の周波数ポイントを調整
・Middleノブ:中音域のレベル調整
・220-5,1Kミニノブ:中音域の周波数ポイントを調整
・Bassノブ:低音域のレベル調整
・20-500ミニノブ:低音域の周波数ポイントを調整
・Levelノブ:EQセクション全体の出力を調整
・Phase Shiftスイッチ:フィードバックに効果がある位相反転スイッチ
・Tap-Tempoフットスイッチ:Echoセクションのディレイタイムを設定
・Compressorフットスイッチ:コンプレッサーセクションのオン/オフ
・Echoフットスイッチ:エコーセクションのオン/オフ
・Reverbフットスイッチ:リバーブセクションのオン/オフ
・Boosterフットスイッチ:ブースターセクションのオン/オフ
・Muteフットスイッチ:出力のミュート兼チューナー起動

Inputジャック:標準フォーン(TS)入力、インピーダンス:1MΩ
Sendジャック:標準フォーン(TS)出力、インピーダンス:200Ω
Returnジャック:標準フォーン(TS)入力、インピーダンス:1MΩ
* Returnジャックにプラグが挿さっていない場合はセンド/リターンはオフになります。その場合もSendはプリEQ出力として使用できます。
DI Outputジャック:XLRバランス出力、インピーダンス:600Ω
GND LIFTスイッチ:グランドループによるノイズ発生時にオン
DC 9-12V 1Ampジャック:付属のACアダプターを接続(9V/1.5A/センターマイナス)
DC Output 9-12Vジャック:付属のACアダプターと同じ電圧と極性のDCを出力
Outputジャック:標準フォーン(TS)出力、インピーダンス:600Ω

S/N比:60dB
コンプレッションレンジ:1:1〜1:00
コンプレッサーゲインレンジ:±20dB
最大エコータイム:1000 msec
エコートーン:ローパスフィルター
最大ブースト量:+15dB
Bass EQ:±15dB、20〜500Hz、6dB Oct.
Middle EQ:±15dB、220〜5.1kHz、6dB Oct.
Treble EQ:+15dB、1.5〜16kHz、6dB Oct.

外形寸法:365 (W)×120 (D)×60 (H)  mm
重さ:1.25kg
最大消費電流:500 mA
電源: 付属9V出力ACアダプター (センターマイナス、1.5A、2.1 mm径)
*DC Output 9-12Vジャックを使う場合は、消費電流が1Aを超えないようにしてください。

 

この記事の画像一覧

(全3枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP