1台で12トラックMTR、USBオーディオ/MIDIインターフェース、DAWコントロールに対応

ティアック、12トラックレコーディングミキサーTASCAM「Model 12」および専用キャリングバッグ「CS-MODEL12」を発売!

ティアック、12トラックレコーディングミキサーTASCAM「Model 12」および専用キャリングバッグ「CS-MODEL12」を発売!

2020/03/18


「Model 12」「Model 12」

 

「Model 12」
「Model 12」
「CS-MODEL12」

「CS-MODEL12」

「CS-MODEL12」

ティアックは、TASCAM ブランドから12 トラックレコーディングミキサー「Model 12」および専用キャリングバッグ「CS-MODEL12」を全国の主要楽器店、量販店並びにティアックストアにて販売を開始する。

Model 12
価格:オープンプライス(市場予想価格 税抜 64,800 円)
発売時期:2020年3月27日

CS-MODEL12
価格:税抜 8,000 円
発売時期:2020年5月下旬

(製品オフィシャル概要)

ミュージシャン、パフォーマー、ソングライターのためのオールインワン・ミキサー/レコーダー

1979年にミキサー一体型カセットマルチトラックレコーダー『144』が発表されてから40年。ミュージシャン、クリエイターから絶大なる支持を頂いているTASCAMレコーダーの歴史に新たな1ページが刻まれます。『Model 12』は、ご好評をいただいている『Modelシリーズ』の中では最もコンパクトなサイズながら1台でミキサー、マルチトラックレコーダー、USBオーディオインターフェースに加えてDAWコントロールやMIDI同期、クリック出力に対応し、楽曲制作はもちろんライブパフォーマンスや配信、ポッドキャスト制作まで幅広くご使用いただけます。

12トラックマルチレコーダー、マルチチャンネル・オーディオインターフェース

マルチトラックレコーダーとして最高24ビット/48kHzの12トラックレコーディングが可能。メトロノーム、パンチインアウトやオーバーダビングなど、本体のみでレコーディングからステレオマスター制作に対応します。またパソコンやiOSデバイスと接続して12入力/10出力のUSBオーディオインターフェースとしても機能します。オーディオインターフェース機能とマルチトラックレコーダー機能を併用することも可能で、DAWと連携したレコーディングやライブパフォーマンス時のオケ出しなどマニピュレーター用途にも対応します。ハードウェア、ソフトウェアベースいずれの長所も取り込んだ『Model 12』をシステムの中心にすることでレコーディングやライブなど柔軟に対応します。

ライブパフォーマンスのバッキングトラックシステムを容易に構築

アナログライクな操作性をもつ『Model 12』はライブパフォーマンスでも威力を発揮します。内蔵メトロノームはタップテンポに対応しており、独立したクリック出力に割り当てることが可能。またクリック音はクリック出力の他、メイン、サブ、AUXの各出力および、2系統のヘッドホンアウトそれぞれに割り当て、音量も個別に設定できるため、バッキングトラックを併用したライブパフォーマンスのモニターシステムをフレキシブルに構築します。また『Model 12』はMIDI端子を装備。レコーディング時は外部キーボードや外部音源の同期用途として、ライブパフォーマンス時には外部MIDI機器と接続して、同期演奏のプレイバックトリガーとしてシステムの中核で機能します。

制作した楽曲の配信や、ポッドキャスト制作に

近年、世界中で新たなブームを巻き起こしているポッドキャストの制作や、楽曲のライブ配信ツールとして活用できます。USBへの入力をステレオミックスに切り替えるモードのほか、ミックスマイナス機能付きのスマートホン入力は、電話ゲストの声を独立したトラックに録音が可能。MiNiSTUDIOシリーズでもご好評をいただいていたスマートホンの通話録音機能をさらに使いやすくしました。そのほか、Bluetooth®での音声入力や二人でモニターが可能なデュアルヘッドホン出力など豊富な入出力端子と多彩な録音機能を組み合わせることでポッドキャスト制作を『Model 12』1台で完結させることが可能です。

コンパクトながら豊富な入力端子を装備

『Model 12』はTASCAMが誇る「Ultra HDDAマイクプリアンプ」を6系統装備。INST入力対応の10系統TRSライン入力や3.5mm 4極TRRS入力 (スマートホン対応) 、Bluetooth® 5.0入力など多彩な入力ソースに対応。


【主な特徴】
・8XLRマイク入力(+48V対応)/10TRS ライン入力、Bluetooth®5.0入力、3.5mm 4極TRRS入力(スマートホン入力に対応。スマートホン入力はミックスマイナス対応)
・Bluetooth®5.0入力は、AACおよびSBCコーデック対応
・Ultra HDDA マイクプリアンプ (CH1~6)
・全入力モジュールに1ノブコンプレッサー、3バンドEQ搭載
・60mmフェーダーを装備
・ソロモードはPFL/AFLおよびインプレースソロが可能
・メインとサブのステレオ出力、AUX1とAUX2のモノセンド
・独立ボリュームとソース選択可能なデュアルヘッドホン出力
・TASCAM FX(エフェクト)搭載
・SDカードに最大12トラックの録音および10トラックの再生が可能(パンチインアウト対応)
・トラックバウンスなど、本体でのエディットを容易にするトラックスワップ機能
・12入力/10出力のUSBオーディオインターフェース機能(USB-C端子)
・DAWコントロール(HUI/MCUプロトコル エミュレーション)対応
・トランスポート、エフェクターON/OFF制御など割り当て可能なデュアルフットスイッチ(TRS端子)機能
※TRS(3極) - TS(2極) x 2 変換アダプターを使用することでRC-1Fなどのフットスイッチを2台接続することが可能
・メトロノーム機能を内蔵、タップテンポに対応したクリック出力
・MIDI IN/OUT端子装備、USB-MIDIインターフェース機能、 MTC、MIDIクロック出力、SPP対応
・別売オプションの専用キャリングバッグ『CS-MODEL12』を用意

 

この記事の画像一覧

(全5枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP