部屋の音響調整を自動で行なってくれる独自の技術SAMシステム(Smart Active Monitor)をGLMソフトウェアから制御

ジェネレックジャパンが室内音響の空間を自動制御する新パッケージ「8320APM GLM Studio」と「8330AP GLM Studio」を発表

ジェネレックジャパンが室内音響の空間を自動制御する新パッケージ「8320APM GLM Studio」と「8330AP GLM Studio」を発表

2020/03/24


ジェネレックジャパン(代表取締役村井幹司 本社東京都港区)は、音に携わる制作空間の自動キャリブレーションを可能とするGLM KITとボリュームコントローラー9310AM、8320APMさらに8330AP ステレオペアを1 パッケージにした特別なバンドルモデル「8320APM GLM Studioと「8330AP GLM Studio」を発表した。
/

8320APM GLM Studio
 

パッケージ内容8320APM x 2GLM Kit x 19310AM x 1Volume Control for GLM
オープンプライス:市場想定価格 165,000円前後 

 

音に携わる制作空間の自動キャ リブレーションは、 同社のモニタースピーカーを設置した部屋の環境に左右されずに、ベストなパフォーマンスが得られるように部屋の音響調整を自動で行なってくれる独自の技術SAMシステム(Smart Active Monitor)をGLMソフトウェアから制御することで得られる


今回発表されたパッケージでは、バジェットをセーブしつつ SAMシステム(Smart Active Monitor)のアドバンテージ を即座に利用できるため、室内音響の影響を受けずに最適なステレオモニタリング環境を手に入れることができる。


発売は 2020 3 26 日(予定)



 

/

8330AP GLM Studio

 

パッケージ内容:8330AP x 2GLM Kit x 19310AM x 1Volume Control for GLM

オープンプライス:市場想定価格231,000円前後

 

この記事の画像一覧

(全2枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP