Singular Sound社のカラータッチディスプレイ搭載

フックアップ、高機能ルーパーペダル「AEROS Loops Studio」を2020年4月3日(金)より発売開始!

フックアップ、高機能ルーパーペダル「AEROS Loops Studio」を2020年4月3日(金)より発売開始!

2020/03/27


「AEROS Loops Studio」「AEROS Loops Studio」

 

「AEROS Loops Studio」
「AEROS Loops Studio」

フックアップからSingular Sound社のカラータッチディスプレイを搭載した高機能ルーパーペダル「AEROS Loops Studio」がリリースされた。2020年4月3日(金)より発売開始。価格はオープン(市場実勢価格:税別 65,000円)

(製品オフィシャル概要)
ギタリスト/ベーシストのパフォーマンスを強力にサポートするペダルタイプのドラムマシン、BeatBuddyシリーズを展開するSingular Sound社より、先進のルーパーペダルAEROS Loops Studioが登場します。ギタリスト/ベーシストだけではなく、ボーカリストやヒューマンビートボクサーなどのソロパフォーマンスを実現する先進のギアです。

BeatBuddyのリリース以来、多くのユーザーからBeatBuddyとシームレスに使用できるルーパーマシンへの要望が多く寄せられましたが、既存のルーパーとは違うものを目指してSingular Sound社は開発に着手しました。今までにないルーパーを実現するために3年をかけ、今回ついに登場するのがAEROS Loops Studioです。

カラー表示のタッチスクリーンを搭載し直感的な操作ができるステレオルーパーペダルで、最大でパラレル6トラックのループを6つのソングパートに渡って構築できます。

今までにないハンズフリーによるミックスやBeatBuddyとのシームレスなインテグレーションも実現しています。

AEROS Loops Studioの主な仕様
・6つのトラックと6つのソングパーツを並行することで最大で36個の独立したループを形成可能
・1つのトラックに無制限にオーバーダビング可能
・作成したループトラックは USB ポート経由または SDカード(別売)で保存可能*
・最大連続レコーディング時間
3時間 (AEROS Loop Studio 単体、モノラル入力)
1.5時間 (AEROS Loop Studio 単体、ステレオ入力)
 48時間 (SDカード使用時*)
・32ビット浮動小数点内部処理、24ビットレコーディング、スタジオクオリティの DAC を搭載
・レーテンシー:1mS以下
・周波数特性:20Hz ~ 20kHz
・4.3インチタッチディスプレイ搭載
・Wi-Fiによるネットワーク経由でのファームウェアアップデートで常に最新の追加機能を導入可能
・スクロールホイールを足で操作することで、演奏中もハンズフリーでループトラックの音量ミックスが可能
・MIDI IN / OUT ポートを介した BeatBuddy などのドラムマシン、エフェクターとのシームレスな連携
・エクスプレッションペダル対応
・オーディオ入力:標準フォーン×2
・オーディオ出力:標準フォーン×2
・AUX入力:標準ステレオフォーン×1
・AUX出力:標準ステレオフォーン×1
・電源:9V / 360 mA (センターマイナス)、ACアダプター同梱
・外形寸法:198mm x 142mm x 56 mm ( W × L × H )
・本体重量:936 g
・ブラックコーティングが施されたアルミニウム製筐体
※国内技術基準適合証取得済([R]201-135370)
※BeatBuddyとの接続には別売りのMIDI Breakout CableとMIDI ケーブルが必要です。
※近日発売のコントローラー、MIDI Maestroとの接続には別売りのMIDI ケーブルが必要です。
* SDカードに関連する機能は、将来的なファームウェアアップデートにより対応予定

この記事の画像一覧

(全3枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP