ベルリンのIRRUPTによって製作

Native Instruments、迫力のビッグルームテクノ拡張音源「IGNITION CODE」をリリース!

Native Instruments、迫力のビッグルームテクノ拡張音源「IGNITION CODE」をリリース!

2020/04/21


IGNITION CODE

Native Instrumentsから迫力のビッグルームテクノ拡張音源「IGNITION CODE」がリリースされた。クラブのメインフロアやフェスティバルを彷彿させるパワフルな雰囲気を捉えたサウンド、ドライブ感のあるパーカッションに適した50のMASCHINEキット、58のBATTERYキット、518のドラムサンプル
スピーカーを震わせるほどのローエンド、精巧なパッド、高揚感のあるリードに適した51のMASSIVEプリセット、7のMONARKプリセット、5のBass Synthプリセットを収録している。価格は¥6,600(NIストア)

(製品オフィシャル概要)
ウンドが満載です。MASCHINEとBATTERYのキットには、ピークタイムから朝方まで、ダンスフロアを盛り上げるために必要な素材が収録されており、MONARKとBass Synthのプリセットでは、MASSIVEのハイファイなシンセリード、煌めくようなパッド、神秘的なテクスチャー、など大型システムに適したローエンドを表現可能です。ビッグルームならではの特徴を捉えたメロディー、ボーカル、パーカッシブなループの豊富なコレクションは、ステージでのライブセットから音楽制作まで対応します。

IGNITION CODE は、ベルリンのサウンドデザイン及びプロダクションスタジオであるIRRUPTによって製作されました。

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP