職場や公共スペースにて、装着者同士の接近をアラーム監視する

IK Multimedia、ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)を維持するのに役立つ、軽量のウェアラブル・デバイス「Safe Spacer」を発表!

IK Multimedia、ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)を維持するのに役立つ、軽量のウェアラブル・デバイス「Safe Spacer」を発表!

2020/05/15


Safe Spacer

Safe Spacer

Safe Spacer

IK Multimediaは、Safe Spacerを発表した。Safe Spacerは、工場、倉庫、店舗、イベント・スペースなどにて、勤務者や訪問者が安全なソーシャル・ディスタンス(社会的距離)を維持するのに役立つ、軽量のウェアラブル・デバイスだ。IK Multimediaにて、自社の勤務者用に開発したデバイスだが、楽器関連産業が安全に操業再開し、安心して業務を行えるよう、他の企業への販売も行うという。

価格と発売時期
Safe Spacerは2020年第3四半期に、IK Multimediaより発売予定です。

予価:€99.99/個(税別)
ボリューム・ディスカウントも用意されています。

(製品オフィシャル概要)
UWB(Ultra Wideband = 超広帯域通信)技術を採用したSafe Spacerは、充電式バッテリーにてワイヤレスで動作し、他のデバイスが2m以内に入ってくると正確に感知し、視覚、振動、音声のいずれかの選択されたアラームにて、着用者に警告します。

Safe Spacerは、特許出願中のアルゴリズムを採用しており、セットアップや特別なインフラを必要とせず、すぐに動作し、リストバンドやストラップに装着したり、ポケットに入れて持ち運ぶことができます。UWB技術の採用により10cmまでの超精密測定が可能で、Bluetoothデバイスの10倍の精度を誇ります。

Safe Spacerは、工場、倉庫、オフィス勤務者の他、音楽学校、店舗、講堂、イベント・スペースなどの公共スペースを訪れる人にも使用できます。迅速かつ簡単に消毒できるように設計されており、防水性も備えています。最小限の取り扱いで済むように、Safe SpacerはNFC非接触技術またはBluetoothを介してワイヤレスで動作します。

各Safe SpacerにはユニークなIDタグと内蔵メモリが搭載されており、オプションで作業員の名前を関連付けて不用意な接触を追跡することができるため、組織とその従業員の安全を確保することができます。最高水準のプライバシーを維持するために、セーフ・スペーサーのIDと近接性以外のデータは保存されません。

Safe Spacerは接近検知、アラートともデバイス本体で行うので、装着時に各人がスマートフォン等を携帯する必要はありません。ただし、ワークスペースでの高度な使用、セットアップ、モニタリングのために、iOS/Androidアプリも用意されています。人事部や安全管理部門にてアプリを設定すれば、各作業員にIDを関連付けたり、アラートを発する距離のしきい値、アラームを設定したり、毎日の接近情報をログに記録(位置情報などセンシティブな個人データは収集しません)し、後にログデータをエクスポートすることができます。

Safe Spacerはイタリア製で、ワイヤレス対応製品、アプリ、その他のオーディオ・ベースのソリューションの開発により、IK Multimediaが蓄積してきた経験を活かして開発されました。IK Multimedia CEOのエンリコ・イオリは次のように述べています。

"私たちは、イタリアの都市封鎖緩和後、操業再開された自社工場、倉庫の作業員が安全な距離を維持できるように、Safe Spacerを開発しました。使いやすく、迅速に展開でき、プライバシーも侵害せず安全なので、どんな状況でも快適に使用することができます。このソリューションが、他の企業が操業再開する際にも役立ち、安心して業務できるようになることを願っています"

この記事の画像一覧

(全2枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP