2020年5月22日(金)より発売開始

フックアップ、Neo Instruments「micro VENT」の2つのラインナップを発売開始!(ストンプボックスサイズのロータリースピーカーエミュレーションペダル)

フックアップ、Neo Instruments「micro VENT」の2つのラインナップを発売開始!(ストンプボックスサイズのロータリースピーカーエミュレーションペダル)

2020/05/21


micro VENT 122(マイクロヴェント122)とmicro VENT 16(マイクロヴェント16)

 

micro VENT 122(マイクロヴェント122)

micro VENT 122(マイクロヴェント122)

micro VENT 16(マイクロヴェント16)micro VENT 16(マイクロヴェント16)

 

フックアップは、Neo Instruments社のDSP技術を駆使しストンプボックスサイズに凝縮した新しいロータリースピーカーエミュレーションペダル、 micro VENTをキャラクターの異なる2つのラインナップで2020年5月22日(金)より発売開始する。

micro VENT 122(マイクロヴェント122)
価格:オープン
市場実勢価格:35,000円(税別)
※Leslie 122ロータリースピーカーをモデリングしたコンパクトなストンプペダル

micro VENT 16(マイクロヴェント16)
価格:オープン
市場実勢価格:35,000円(税別)
※Vibratone ギターレスリーをモデリングしたコンパクトなストンプペダル

(製品オフィシャル概要)
ロータリースピーカーのサウンドをエミュレーションするペダルにこだわりリリースし続ける、ドイツ・Neo Instruments社より標準的なストンプボックスサイズのmicro VENTが2つのモデルで登場します。兄弟モデルであるVentilator IIやmini VENT IIと同様の強力なDSPを搭載し、サウンドクォリティーを損なわず非常にコンパクトなサイズに凝縮しました。

コンパクトながらも、よく考えられた操作性とドライシグナルをレイテンシーなくブレンドできる新たな“アナログブレンド”回路を搭載し、非常に使いやすいモデルです。

黒い micro VENT 122 は、Ventilator II のアルゴリズムを移植した Leslie 122 をエミュレートしたモデル。そして白い micro VENT 16 は、Vibratone ギターレスリーをエミュレートした新設計のモデルです。
 

この記事の画像一覧

(全3枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP