既存ユニバーサルフィットイヤホンをカスタムフィット化する新製品

Acoustune、3Dカスタムフィットインターシェル「ST1000」を発表!

Acoustune、3Dカスタムフィットインターシェル「ST1000」を発表!

2020/05/22


Acoustune、3Dカスタムフィットインターシェル「ST1000」
Acoustune、3Dカスタムフィットインターシェル「ST1000」
Acoustune、3Dカスタムフィットインターシェル「ST1000」

アユートは、独自のダイナミックドライバーを基軸としたイヤホンブランド「Acoustune(アコースチューン)」より既存のユニバーサルフィットタイプイヤホンをカスタムフィット化する新製品、3Dカスタムフィットインターシェル『ST1000』を発表するとともに、ユーザー様所有の既存製品を本製品へアップグレードするサービスを2020年6月上旬より順次受注受付を開始する。

(製品オフィシャル概要)
Acoustune、カスタムフィットインターシェル「ST1000」は、Acoustune製イヤホンがドライバーを格納する音響チャンバー部とハウジング部を分離させたモジュラー構造から成り立っているという構造的特徴を活かし、耳に装着する側のハウジング部分のみをカスタムフィット化する製品です。

既存のユーザーやこれから購入を検討される方に、更にフィット感を向上させて長時間でも快適にご使用いただけるようにするオプションの用意、イヤホンの形状やイヤーピースが耳に合わずご購入を控えていらっしゃった方や以前よりAcoustune製カスタムイヤホンのご要望を頂いていたことへの1つの提案として、チャンバーとハウジングが分離した構造を活かし、最適化したカスタムフィットのシェル(※)を商品化致しました。
(※)イヤホンのステムに差し込むイヤーピースの延長ではなく、イヤホンを半埋め込みにして一体化させたリモールドやカスタムIEMにより近いものとなります。

【対象製品】
Acoustune HSシリーズイヤホンの内、以下が本製品/サービスの対象になります。
HS1697TI、HS1677SS、HS1657CU、HS1695TI、HS1655CU、HS1670SS、HS1650CU
HS1551CU、HS1503AL、HS1501AL

この記事の画像一覧

(全3枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP