進化を果たしたオーディオ編集ソフトウェアの新バージョン

フックアップ、Celemony Software「Melodyne 5」各製品をダウンロード版で先行発売開始!

フックアップ、Celemony Software「Melodyne 5」各製品をダウンロード版で先行発売開始!

2020/05/28


Melodyne 5

Melodyne 5

フックアップがさらなる進化を果たしたオーディオ編集ソフトウェアの新バージョン、Celemony SoftwareのMelodyne 5各製品(ダウンロード版)を2020年5月27日(水)より先行発売開始すると発表した。パッケージ版は6月中旬より発売開始の予定。

(製品オフィシャル概要)
2001年のデビュー以来、今やピッチシフト/タイムストレッチだけに留まらないオーディオ編集ソフトウェアの定番、Melodyneが4年ぶりにメジャーアップデートを果たしました。前バージョンで一新されたエンジンを基に、新たな機能が追加されています。

もちろん洗練された直観的なユーザーインターフェイスはそのままに、スタンドアロンはもちろん各種プラグインとして動作し、主要DAWではARA (Audio Random Access) テクノロジーによりあたかもDAWの一部として統合して動作させることができます。

今回は弊社のオンラインストア beatcloud.jp にてダウンロード版を先行発売させていただきます。なおパッケージ版に関しては、インストーラーやマニュアル、さらにはチュートリアルビデオをUSBメモリーに収録したものをDVDトールケースに同梱して、2020年6月中旬ごろに発売開始をする予定です。スケジュールが決定し次第ご案内いたします。

◎オンラインストア beatcloud.jp で発売開始したダウンロード版(価格はストアでの販売価格)
Melodyne 5 Studio(メロダイン5スタジオ)
オンラインストア販売価格:72,000円(税別)
※すべての機能を搭載したコンプリートなMelodyne

Melodyne 5 Editor(メロダイン5エディター)
オンラインストア販売価格:43,000円(税別)
※ポリフォニックオーディオ用のDNAアルゴリズムを搭載したあらゆるソースに対応したMelodyne

Melodyne 5 Assistant(メロダイン5アシスタント)
オンラインストア販売価格:26,000円(税別)
※プロフェッショナルなボーカル編集に必要なツールを網羅したMelodyne

Melodyne 5 Essential(メロダイン5エッセンシャル)
オンラインストア販売価格:9,000円(税別)
※ベーシックな機能に特化したエントリーバージョンのMelodyne

開発元:Celemony Software(セレモニーソフトウェア)社:ドイツ
発売日:2020年5月27日(水)
※オンラインストアページ: https://beatcloud.jp/manufacturer/37
*旧バージョンや下位グレードからのアップグレード版も販売しています。

◎6月中旬発売予定のパッケージ版価格(各種コンテンツを収録したUSBメモリー同梱)
製品名:Melodyne 5 Studio(メロダイン5スタジオ)
メーカー希望小売価格:100,000円(税別)

製品名:Melodyne 5 Editor(メロダイン5エディター)
メーカー希望小売価格:60,000円(税別)

製品名:Melodyne 5 Assistant(メロダイン5アシスタント)
メーカー希望小売価格:36,000円(税別)

※詳しい製品ページ: https://hookup.co.jp/products/celemony-software/melodyne
* Melodyne 5 Essentialはダウンロードのみの取扱いです。


Melodyne 5の主な概要と特長
Melodyne なら、録音やサンプル、音のひとつひとつに含まれる音楽的ディテールのすべてにアクセスできます。これは録音やサンプルを精査・解析し、そこに含まれる音の音楽上の関係性(各音とその特徴、スケール、キー、コード、タイミング、テンポ、音色)を識別して理解するという、Melodyneならではの洗練された分析によるものです。しかも高度な技術を使いながらも、操作はシンプル。これらすべてを直感的に編集できるのです。スタンドアロン、プラグイン各フォーマット対応と、今や音楽制作に欠かせないツールの一つです。

• DNA (Direct Note Access) を含む、グラミー賞に輝いたテクノロジーを搭載
*DNA機能はSudio、Editorのみ
• 極めて音楽的かつ直感的なノートベースの作業
• メロディック(歯擦音検出機能搭載)、パーカッシブ、ユニバーサル、ポリフ
ォニックの各アルゴリズム
*ポリフォニックアルゴリズムはSudio、Editorのみ
• マルチトラックノート編集 – 一つのMelodyneウィンドウで複数のトラックを編集 *Studioのみ
• Melodyneツールキットをフル搭載 *Essentialはピッチとタイミング編集ツールのみ
• イントネーション、タイミングのクオンタイズ、レベル調整用の各マクロ
• コード自動検出機能を搭載したコードトラックとコードグリッド
• テンポの検出と編集 *編集はSudio、Editorのみ
• ユニークな音色コントロールを提供するサウンドエディター *Studioのみ
• 総合的な機能を使用して音階、調律、平均律を編集 * Sudio、Editorのみ
• すべてのパラメーターに素早くアクセスできるインスペクター *Essentialを除く
• オーディオからのMIDI書き出し *Essentialを除く
• 優れた互換性:VST 3、AU、AAX、スタンドアロン
• ARA (Audio Random Access) による統合 *DAWにより対応は異なります
• macOSおよびWindowsに互換 *64-bit環境のみ

Melodyne 5の新機能
・楽音成分と非楽音成分を個別に編集できる新[メロディック]アルゴリズム今まではマニュアルで識別をする必要があった歯擦音を自動検出し、より自然な編集が可能に。
・歯擦音ツールの搭載 *Essentialを除く楽音成分と非楽音成分の音量比をノート単位で編集 = ディエッサー効果
・ピッチのずれの分析がより音楽的に音響心理学に基づいた最適なイントネーション補正
・コードトラックとコード検出 ノートをコードと調和させて配列、オーディオからコードを抽出
・レベル調整マクロ ノート間の音量差を簡単に低減、または除去
・フェードツール *Essentialを除く ノート単位のフェード調整でダイナミクスをコントロール
・新アルゴリズム[パーカッシブ(ピッチ)]の追加 タブラやビリンバウなどの音程を持った打楽器に最適なアルゴリズム
・キーボードショートカット検索機能、ショートカットセット保存機能 DAWごとのテンプレートも用意

Melodyne 5の最低動作環境
【MacOS環境】
・Intel Dual Coreプロセッサーを搭載したApple Macintoshコンピューター
(Quad Core以上を推奨)
・4 GBのRAM(8 GB以上を推奨)
・macOS 10.12以降
・インターネット接続環境(ソフトウェアインストール、アクティベーションなどのため)
・DAWと連携する場合はVST 3、AU、AAX、ARAが動作するホストアプリケーション

【Windows環境】
・IntelまたはAMD Dual Coreプロセッサーを搭載したWindowsコンピューター
(Quad Core以上を推奨)
・4 GBのRAM(8 GB以上を推奨)
・Windows 10 以降
・ASIO準拠のオーディオインターフェイス
・インターネット接続環境(ソフトウェアインストール、アクティベーションな
どのため)
・DAWと連携する場合はVST 3、AAX、ARAが動作するホストアプリケーション

 

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP