本格的なレコーディングやライブに欠かせない大口径のダイアフラム

エレハモ、ART「D7」をリリース!(大型のダイアフラムを搭載し、音楽に最適なトーンを実現するダイナミック・マイク)

エレハモ、ART「D7」をリリース!(大型のダイアフラムを搭載し、音楽に最適なトーンを実現するダイナミック・マイク)

2020/07/06


ART「D7」

日本エレクトロ・ハーモニックスからART「D7」がリリースされた。「D7」は大型のダイアフラムを搭載し、音楽に最適なトーンを実現するダイナミック・マイクだ。価格は¥44,000(税別 ¥40,000)

(製品オフィシャル概要)
本機は、本格的なレコーディングやライブに欠かせない大口径のダイアフラムを備えたダイナミック・マイクです。小口径のダイアフラム・マイクでは得られない、音楽に最適なトーンを得られます。大口径ダイアフラムならではの特長や多様性は、ライブやスタジオのエンジニアにとって欠かせないマイクとなるでしょう。

単一指向性
単一指向性なので、ライブやレコーディング時でもフィードバックに強く不要な音を拾うことがありません。レンジが広いので、ボーカルは勿論、金管楽器|低音域の木管楽器|大音量のギターアンプ|ドラムやパーカッション等、ソロ楽器を含む様々な音源にもおすすめです。音源の近くにマイクを設置した場合に低域を強調する近接効果も優れています。

近接効果
ボーカリストであれば近接効果を活用し、豊かな低域を強調できます。ベテランの方であればマイクテクニックとして簡単に活用できるでしょう。特に放送局のアナウンサーに便利です。

ハイパス・フィルター&ミッドブースト
本機はハイパス・フィルターとミッド・ブースト回路を搭載しています。不要な低域の共振を取り除いたり、ボーカルに存在感をプラスできる等、汎用性も優れています。

優れた耐久性
シャーシはとても精巧で、頑丈なステンレス鋼製のウインド・スクリーンを備えています。付属のショックマウントは、振動やハンドリング・ノイズを排除し、録音中にマイクをしっかりと固定します。アルミニウム製のキャリーケースも付属しています。

特徴
▪ 大型のダイアフラムを搭載したダイナミック・マイク
▪ 高域と低域のバランスに優れたフラットな特性
▪ 高電磁界内でも使用可能な、非常に優れたシールド効果を持つシャーシ
▪ 放送に最適なマイク
▪ ハイパス・フィルターとミッド・ブースト回路を搭載

スペック
▪ タイプ:ラージ・ダイアフラム・ダイナミック
▪ 指向性:ハイパーカーディオイド
▪ 感度:-53dB (@1kHz)
▪ 周波数特性:50 Hz~16 kHz
▪ 最大SPL:136 dB (1 kHz @ 1 % THD)
▪ 開回路電圧:-56dB +/-2dB (0 dB=1 v/Pa)
▪ インピーダンス:250Ω
▪ 寸法:φ53 mm × 205mm
▪ 重量:725 g

 

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP