ロシア製Big Muffの最も希少なモデルを再現

キョーリツコーポレーション、JHS Pedals「CRIMSON」をリリース!(Josh Scottが所有しているRed Armyの正真正銘のレプリカ)

キョーリツコーポレーション、JHS Pedals「CRIMSON」をリリース!(Josh Scottが所有しているRed Armyの正真正銘のレプリカ)

2020/07/31


JHS Pedals「CRIMSON」JHS Pedals「CRIMSON」

 

キョーリツコーポレーションからJHS Pedals「CRIMSON」がリリースされた。「CRIMSON」はJosh Scottが所有しているRed Armyの正真正銘のレプリカだ。価格はオープン(市場想定売価:24,000円 (税抜))

(製品オフィシャル概要)
1969年、Electro-Harmonixは伝説的なBig Muff ディストーションファズのファーストバージョン“Triangle”をリリースしました。1970年代には、V2“Ram’s Head”(1973年)、V3“Pi”(1977年)、V4“OP-Amp”(1978年) といったこの有名な回路の様々な新バージョンがリリースされましたが、1984年その全てがストップしました。Electro-Harmonixの2度目の倒産により、強大な商品力を誇ったBig Muffはおよそ10年間その姿を消すことになったのです。

1990年代初頭、創業者であるMike Matthewsは1970年代製のElectro-Harmonixペダルがヴィンテージ/レア価格で取引されていることを知り、1991年サンクトペテルブルクにある旧ソビエト連邦の製造会社と製造契約を締結してBig Muffを復活させました。この新しいバージョンは技術的側面としてはBig Muffの7thバージョンと呼ばれていますが、Mikeはもはや以前の商標を所有していなかったため、Sovtek製の“Mike Matthews Red Army Overdrive”と名づけられました。

このバージョンは最初期のロシア製Big Muffで、おそらく全てのバージョンにおいて最も希少なモデルでしょう。1991~92年にかけて生産された数量はごく僅かで、現存する個体もほとんどなく、入手するのはほぼ不可能です。有名なSovtek“Civil War”(1992年後半)バージョンと特徴は共有していますが、このバージョン自体は別物として捉えられています。後に続くどのSovtek Big Muffよりもウォームでクリア、そして明瞭なサウンドのRed Armyは、非常に馴染みのあるエフェクトの独特なフレーバーを提供してくれます。

CrimsonはJosh Scottが所有しているRed Armyの正真正銘のレプリカであり、ファズ・ヒストリーのユニークなパートを味わうことができるでしょう。

Specifications
・入出力端子:1/4”インプットジャック、1/4”アウトプット
・コントロール:VOLUME、TONE、DISTORT
・スイッチ:MODEスイッチ、バイパススイッチ
・電源:DC9V センターマイナス
・消費電流値:4mA
・寸法:W 9.2mm × D 14.4mm × H 5.1mm
・重量:385g

 

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP