その歪み方は、まるで真空管アンプのような弾き心地

エレハモ、Taurus「Guitar Engine Classic」と「Guitar Engine High Gain」をリリース!

エレハモ、Taurus「Guitar Engine Classic」と「Guitar Engine High Gain」をリリース!

2020/07/31


「Guitar Engine Classic」と「Guitar Engine High Gain」「Guitar Engine Classic」と「Guitar Engine High Gain」

 

日本エレクトロ・ハーモニックスからTaurus「Guitar Engine Classic」と「Guitar Engine High Gain」がリリースされた。いずれもビンテージの真空管アンプのように反応し、リアルな歪みサウンドを作り出すカスタム・ドライブ+ブーストエフェクトだ。

(製品オフィシャル概要)

Guitar Engine Classic
カスタム・ドライブ+ブースト
希望小売価格:¥37,400(税抜 ¥34,000)

真空管アンプの様に優れたダイナミクスで、楽器が持つポテンシャルを活かす歪みサウンドです。様々なピックアップと相性が良く、それぞれの個性を反映します。まるでクラシカルな真空管アンプで演奏している様な弾き心地です。

Guitar Engine High Gain
カスタム・ドライブ+ブースト
希望小売価格:¥37,400(税抜 ¥34,000)

真空管アンプの様な、サチュレーションとコンプレッションの効いた歪みサウンドを求める方に最適です。7弦ギターなどのローエンドとの相性も抜群。ファットでサステインの長いトーンが必要なソロ・パートでも活躍します。

電源:電源アダプター(別売:DC9 〜15V)
寸法:65H × 96W × 144D mm
重量:470g

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP