8月3日まで発売記念セールを実施!

Native Instruments、「ARKHIS」をリリース!(映画のバックグラウンドミュージックを生き生きと表現できる音源)

Native Instruments、「ARKHIS」をリリース!(映画のバックグラウンドミュージックを生き生きと表現できる音源)

2020/08/03


ARKHIS

 

Native Instrumentsから「ARKHIS」がリリースされた。「ARKHIS」は、無償のKONTAKT PLAYER バージョン6.2.2 以降、またはKONTAKT バージョン6.2.2以降で動作する音源で、映画のバックグラウンドミュージックを生き生きと表現できる新インスツルメントだ。価格:2020年8月3日まで発売記念価格 ¥20,100(通常価格:¥26,800)

(製品の主な特徴)
・映画音楽に最適なパワフルなスコアをすばやく作成可能
・ベルリンの名門スタジオTeldex Scoring Stageで録音された、レイヤー可能な90の現代的なサウンドソース
・先駆的な音源の開発で知られるOrchestral Toolsとのコラボレーション

(製品オフィシャル概要)
BIG SCREEN SHINE
気骨のあるネオノワールであっても、爽快なファンタジーであっても、アンダースコア(背景音楽)は映像作品に最終的な磨きをかける重要な役割を担っています。ARKHISはオーケストラによる現代的なサウンドトラックの制作に適した音源で、映像シーンを際立たせる音楽をすばやく制作することができます。Orchestral Toolsとのコラボレーションにより開発されたこの音源は、高品質なサンプルライブラリーと操作が簡単なレイヤリングエンジンが一体化し、動き、音色、ストーリーテリングといった特徴を備えています。

SET THE SCENE WITH SOUND
トーン演奏ができる数々のインストゥルメントをレイヤー化し、動きのあるパッセージからすばやいアクセントまで、映像のアクションにぴったりのサウンドを作ることができます。オーケストラとアンサンブルの豊富なサウンドコレクションは安定感のある壮大な伴奏に、そしてソロ楽器の温かみのあるサウンドは繊細なスコアに向いています。伝統とはややかけ離れた、ウォーターフォンやダルシマーのようなハリウッド風のサウンドは優美な情景に向いていますが、物語がそれを必要とするときには不快なテクスチャーにもなり得ます。ベルリンの伝説のスタジオTeldex Scoring Stageでレコーディングされたサウンドソースはどれも、現代の映画スコアに共通する特性を捉えています。

STRAIGHT TO PICTURE
STRAIGHT AWAY

ARKHISの設計にはアンダースコアの制作において一番重要な作業 (説得力のあるストーリーテリング) に重点が置かれています。クリックひとつで編成楽器を変更したり、エフェクトを設定したり、映像に合わせた最終的なパッセージをリアルタイムで作れます。アクションのダイナミックな変化にすばやくアクセントを付けたり、物語の展開に合わせながらテーマを呼び出すことができます。

THE ARKHIS ENGINE
ARKHISは中央のプレイバックモジュールを中心に設計されており、どのMIDIコントローラーからでもすばやく簡単に使用できます。90のサウンドソースから選択し、変調可能な3つの独立したレイヤーにアサインしたサウンドは、1つのモーフコントロールで左から右へ束ね合わせることができます。中央にあるLFOとFXで動きや音色をリアルタイムでコントロールし、雰囲気に合わせて細かな変化を付けたり、シーン全体の中でテーマに沿ったバリエーションを作成できます。

ORCHESTRAL TOOLSについて
映画音楽の業界で長きにわたり中心的な役割を担ってきたOrchestral Tools。近年の大ヒット映画を観た方ならきっと彼らのサウンドを耳にしているはずです。Orchestral Toosはベルリンの歴史的なスタジオTeldex Scoring Stageで世界的なミュージシャンの演奏を丁寧に録音した革新的で表現豊かなオーケストラ音源コレクションを数多くリリースしています。


 

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP