最新の3次元音場機能、HDMI規格に対応し、映画をはじめ、ゲームや音楽の感動と楽しさを深めるネットワークAVレシーバー

ヤマハ、AVレシーバー「RX-V6A」と「RX-V4A」をリリース!

ヤマハ、AVレシーバー「RX-V6A」と「RX-V4A」をリリース!

2020/08/26

ヤマハ「RX-V6A」
ヤマハ「RX-V4A」
ヤマハは、AVレシーバーの価値を再定義するという思いのもと10年振りに外観デザインを一新し、筐体・回路構成も一から見直すことで映像・音質性能をさらに高めた 7.1ch ネットワークAVレシーバー『RX-V6A』および5.1chネットワークAVレシーバー『RX-V4A』の2機種を、10月中旬より順次全国で発売する。

(価格と発売時期)
RX-V6A
65,000 円(税抜) 10月中旬

RX-V4A
45,000 円(税抜) 10月下旬

(製品オフィシャル概要)
『RX-V6A』はDolby Atmos®/DTS:X®をはじめ、ハイトスピーカーなしで3次元音場をバーチャル再生できる 「Dolby Atmos Height Virtualizer」機能*1に対応しました。さらに2モデルともに、8K/60pパススルー やVRR、QMS、QFT、ALLMなどの最新規格*1に準拠したHDMI端子も搭載しています。他にもWAV/AIFF384kHz/32bit2、DSD 11.2MHzをサポートするハイレゾ再生、高品位音楽配信サービス「Amazon Music」、 「Deezer HiFi」にも対応。映画やドラマなどの映像コンテンツはもちろん、ゲームや音楽など様々なコンテンツの感動と楽しさをさらに深めるAVセンターとして、ヤマハならではの音楽体験を提供します。

1.臨場感 〜ヤマハならではの深い音楽体験と没入感を追求 〜
-「Dolby Atmos®」&「DTS:X®」対応デコーダー搭載、「Dolby Atmos Height Virtualizer」対応※1 (RX-V6A)
-独自のシネマ DSP 技術やバーチャル・プレゼンススピーカー機能、視聴環境最適化システム「YPAO」搭載
-前機種比で約2倍のハイスルーレートを実現。 384kHz/32bit D/A コンバーターなどを採用した高音質設計

2.先進機能 〜 あらゆる映像コンテンツの魅力を最大限に引き出す 〜
-最新規格 1 VRR、QMS、QFT、ALLMをはじめ、8K/60pパススルー※1 4Kアップスケーリング、HDR10+ 1 、eARC対応のHDMI端子搭載

3.デザイン 〜 AV レシーバーの価値を再定義する、感性に訴えかける美しさ 〜
-日本語表示も可能な 液晶 ディスプレイ採用、機能美を追求した黒鏡面仕上げのシンプルデザイン

4.ネットワーク機能 〜 最先端の 楽しみ 、新しい感動 を提供 〜
-WAV/AIFF 384kHz/ 32 bit 2 DSD 11.2MHz もサポートするハイレゾ再生や
「Amazon Music」、「Deezer HiFi」対応など、充実したネットワーク機能
-独自のワイヤレスネットワーク機能「MusicCast®」
-音声アシスタント機能「Amazon Alexa」、「Google Assistant」に対応

*1:ファームウェア更新により対応予定。
*2:RX-V4A は WAV/AIFF 192 kHz/32bit 、 FLAC 192 kHz/24bit

この記事の画像一覧

(全2枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP