2020年9月18日(金)より発売

GRADO、オーストラリア産ジャラ材をハウジングに使用した4モデルのMI型フォノカートリッジをリリース!

GRADO、オーストラリア産ジャラ材をハウジングに使用した4モデルのMI型フォノカートリッジをリリース!

2020/09/11

オーストラリア産ジャラ材をハウジングに使用した4モデルのMI型フォノカートリッジ
オーストラリア産ジャラ材をハウジングに使用した4モデルのMI型フォノカートリッジ
オーストラリア産ジャラ材をハウジングに使用した4モデルのMI型フォノカートリッジ
オーストラリア産ジャラ材をハウジングに使用した4モデルのMI型フォノカートリッジ
ナイコムは、米国「GRADO(グラド)」社より、MI型フォノカートリッジの新たなミッドレンジ向けシリーズ『Timbre Series(ティンブレシリーズ)』の、オーストラリア産ジャラ材をハウジングに使用した4モデル『Reference3(リファレンス3)』、『Master3(マスター3)』、『Sonata3(ソナタ3)』、『Platinum3(プラチナム3)』を2020年9月18日(金)より発売する。

4モデル全てにステレオ用とモノラル用をラインアップ。それぞれ高出力(4mV)タイプと低出力(1mV)タイプを選択できる。

【希望小売価格(税別)】
Reference3:165,000円
Master3 :110,000円
Sonata3 :66,000円
Platinum3 :44,000円

(製品オフィシャル概要)
従来、ミッドレンジ向けとして「Statement」と「Reference」の両シリーズをラインアップしてきましたが、この度、音響特性に優れたウッドハウジングとGRADOテクノロジーのさらなるブラッシュアップをコンセプトとした『Timbreシリーズ』に統合します。GRADO新世代のミッドレンジ向けシリーズとして、正確な信号伝送とウッド素材の音響的な優位性を兼ね備えた、GRADOサウンドの真髄を提供していきます。

全5モデルで構成されたTimbreシリーズのベーシックモデル「Opus3(発売中)」はハウジングにメイプル材を使用していますが、上位4モデルとなる『Reference3』、『Master3』、『Sonata3』、『Platinum3』は、GRADOが上位モデルで採用してきたオーストラリア産のジャラ材を使用。GRADOの長い歴史による最新テクノロジーがこの材の特徴をブラッシュアップし、クリアネスとジャラ材特有の深みのあるサウンドが共存する、新たなGRADOサウンドを提供します。

<Reference3>
複雑かつ精度の高い製造工程を必要とするシリーズ最上位モデルです。高い密度と硬度を併せ持つオーストラリア産のジャラ材に、さらに硬度を上げるための独自処理を施すことで、徹底した共振抑制とハウジングとしての最適化を行います。
5ピースのOTLカンチレバーは、その質量をPrestigeシリーズと比べ5%の削減を実施し、独自設計の天然ダイヤモンドを使用した楕円形の無垢針を搭載しています。コイルには高純度のUHPLC(Ultra high purity long crystal)無酸素銅を使用するなど、発電部においても最新技術を投入。MI型としての効率を高め、さらなる正確な情報伝送を実現します。

<Master3>
『Reference3』と同様に、オーストラリア産のジャラ材へさらに硬度を上げるための独自処理を行います。その工程による共振抑制とハウジングとしての精度の高い最適化は、Timbreシリーズの要として優れたサウンドを提供します。
人工ダイヤモンドを使用した楕円形の無垢針を、Prestigeシリーズと比べ5%の質量削減を実現した5ピースのOTLカンチレバーに搭載。コイルには高純度のUHPLC(Ultra high purity long crystal)無酸素銅を使用するなど、上位モデルに肉薄する贅沢な仕様となっています。

<Sonata3>
上位モデルと同様の制度の高い製造工程でありながら、オーストラリア産のジャラ材を、硬化させるプロセスを通さずにハウジングに使用しているので、材が持つ固有の音響的特徴をさらに楽しむことができます。
Prestigeシリーズと比べ10%の質量削減を実現した4ピースのOTLカンチレバーに、『Master3』と同様の人工ダイヤモンドを使用した楕円形の無垢針を搭載し、コイルも上位モデルと同様の高純度のUHPLC(Ultra high purity long crystal)無酸素銅を使用。深みを失うことなく正確な透明感を生み出すジャラ材の特徴を活かした、GRADOサウンドの魅力をしっかりと楽しめるモデルです。

<Platinum3>
『Sonata3』と同様の、より硬化させるプロセスを通していないオーストラリア産のジャラ材をハウジングに使用しています。発電部はPrestigeシリーズと比べ10%の質量削減を実現した4ピースのOTLカンチレバーに、針先に人工ダイヤモンドを使用した楕円形針を搭載。コイルには上位モデルと同様の高純度のUHPLC(Ultra high purity long crystal)無酸素銅を使用しています。コストを抑えながらも上位モデルと同様の「The Sound of Wood」を楽しめる魅力的なモデルです。

■主な特徴<Reference3、Master3、Sonata3、Platinum3>

・深みを失わず正確な透明感を生み出す、オーストラリア産ジャラ材をハウジングに使用
・全帯域で優れたバランスを実現する独自のFLUX-BRIDGER設計
・超高純度銅線を用いた4つのコイル間の調和により歪を最小限に抑制
・L/Rバランスの最適化を実現するツインマグネットシステム
・さらに軽量化を果たした独自のOTLカンチレバーにより共振を徹底的に排除
※OTL:Optimized Transmission Line(最適化された伝送経路)
※Reference3/Master3:5ピースタイプ、Sonata3/Platinum3:4ピースタイプ
・独自設計の楕円形天然ダイヤモンド針(Reference3)
・人工ダイヤモンドを先端だけでなく全体に使用した独自の楕円形針(Master3/Sonata3)
・先端に人工ダイヤモンドを使用した独自の楕円形針(Platinum3)
・ハンド・メイド・イン・ブルックリンによる確かな品質

■技術説明
OTLカンチレバー
レコードの溝からカートリッジ内部の発電システムまで、理想的な信号伝送を可能にするOTL(Optimized Transmission Line)カンチレバーは、不要な共振を排除し、回路内で発生するノイズも抑制します。

高度なコイル巻線技術による4コイルユニゾン
高純度のUHPLC(Ultra high purity long crystal)無酸素銅線を使用した高度なコイル巻線技術が可能にする、4つのコイル間の正確な調和により、歪を最小限に抑制しながら最適なL/Rバランスを実現。正確なステレオイメージにより、ボーカルや楽器など再現性を最大限高めます。

ツインマグネットシステム
4コイルユニゾンと共にL/R間のバランスを最適化し、正確なステレオイメージを実現するツインマグネット・システムは、 内部磁気回路のパーツを高精度で組み立てる事でその効果を最大限発揮します。

FLUX-BRIDGER設計
発電システムでの駆動部となるカンチレバーの実効質量を最小レベルにする、独自のFLUX-BRIDGER設計により、全ての帯域で優れたサウンドバランスを実現します。

 

この記事の画像一覧

(全4枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP