最新の「ZEN-Core音源」の高品位なサウンドがタブレットやスマートフォンでも使用可能

ローランド、パソコンやスマホで音楽制作ができるアプリ「Zenbeats」をバージョンアップ!

ローランド、パソコンやスマホで音楽制作ができるアプリ「Zenbeats」をバージョンアップ!

2020/09/26

『Zenbeats』
『Zenbeats』

ローランドは、パソコン、タブレット、スマートフォンなど幅広いプラットフォームに対応し、手軽に音楽制作を楽しめるアプリ『Zenbeats』(ゼンビーツ)のサウンドを強化したバージョン2.0を、2020年9月25日(金)に配信開始する。価格は無料(アプリ内課金/「Roland Cloud」でのサブスクリプション登録でコンテンツの追加購入や機能のアップグレードが可能)

(製品オフィシャル概要)
当社が2019年9月に配信開始した音楽制作アプリ『Zenbeats』は、音のフレーズを並べていくだけで手軽に本格的な楽曲制作ができ、パソコン(Mac/Windows)に加えて、スマートフォンやタブレット(iOS/Android)にも対応しています。例えば、電車での移動の時間にスマートフォンで楽曲のアイデアを作ってクラウド・ストレージに保存し、帰宅してからパソコン上で細かく編集を行うなど、時間や場所を選ばず、音楽制作を楽しむことができます。アプリは無料でダウンロードでき、シンプルな操作感で、初心者の方も気軽に音楽制作を始めることが可能です。また、アプリ内に用意されたストアでは、音のフレーズ、シンセサイザー音色の追加購入や、機能のアップグレードを行うことができます。

このたびアップグレードされた『Zenbeats』バージョン2.0では、新開発の『Zenbeats』専用プラグイン・ソフトウェア・シンセサイザー「ZC1」を搭載し、サウンドが大幅に強化されました。ローランド最新の「ZEN-Coreシンセシス・システム」※1の高品位なサウンドを駆使したワンランク上の音楽制作を、パソコンやモバイル端末で楽しむことができます。「ZC1」は、ピアノやストリングスなどの美しいアコースティック楽器や、本格的なシンセサイザー・サウンドまで800種類以上の多彩な音色を収録し、幅広い音楽制作に対応します。※2。シンセサイザー「JUPITER-X」をはじめとする、「ZEN-Coreシンセシス・システム」対応のハードウェアとのシームレスな音色互換も実現し、※3「JUPITER-X」で作成した音色データを、iPadにダウンロードした『Zenbeats』での音楽制作に活用するなど、ソフトウェア/ハードウェアの垣根を超えたスムーズな制作環境を提供し、ミュージシャンやクリエイターの表現の可能性を広げます。

サウンドを強化した新しい『Zenbeats』は、無料でダウンロード可能ですが、アプリ内ストアでの課金(14.99USドル~)による機能制限解除により、「ZC1」の800種類以上の音色と90種類のエフェクトのほか、すべての機能がお使いいただけます。もしくは、音楽制作のための多彩なコンテンツを提供するサービス「Roland Cloud」の、サブスクリプション・プラン(月額2.99USドル~)登録でも全音色/機能をお使いいただけます。また、「Roland Cloud」で提供している、高品位なパソコン用プラグイン・ソフトウェア・シンセサイザー「ZENOLOGY」の最上位版「ZENOLOGY Pro」も、2020年9月25日(金)に配信開始します。

※1 ローランドが約半世紀に渡って培った、アナログ、デジタル、バーチャル・アナログ・シンセサイザー研究開発のノウハウを結集した強力な音源システム
※2、※3 「ZC1」は64ビットOSで使用可能。全音色の使用、ハードウェアとの音色互換機能使用には、アプリ内ストアでの課金もしくは「Roland Cloud」のサブスクリプション・プラン登録が必要です


こんな方にオススメ
・スマートフォンやパソコンで手軽に、高品位なサウンドで音楽制作を始めたい初心者や音楽ファン
・ハードウェアとアプリ間で、音色や機能をシームレスに活用して曲作りや演奏を行いたいクリエイター/ミュージシャン
ここがポイント
・Mac/Windows、iOS/Androidのマルチ・プラットフォーム対応の音楽制作アプリがバージョンアップ
・「Zen-Coreシンセシス・システム」の高品位なサウンドが追加。対応するハードウェア製品との音色互換も実現
 

この記事の画像一覧

(全2枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP