2020年10月24日(土)に発売

ローランド、BOSS「GT-1000CORE」をリリース!(プロ・クラスの性能を小型ボディに凝縮したギター用エフェクツ・プロセッサー)

ローランド、BOSS「GT-1000CORE」をリリース!(プロ・クラスの性能を小型ボディに凝縮したギター用エフェクツ・プロセッサー)

2020/10/01

「GT-1000CORE」

「GT-1000CORE」

「GT-1000CORE」

ローランドは、ボス(BOSS)ブランド最高峰のサウンド・クオリティと優れた機能性を、ポータブルなペダル・タイプのボディに凝縮したギター・エフェクツ・プロセッサー「GT-1000CORE」を、2020年10月24日(土)に発売する。

価格はオープン
市場想定価格(税込) 77,000円前後

(製品オフィシャル概要)
ギター用のマルチ・エフェクツ・プロセッサーは、複数のエフェクトの組み合わせによる多彩な音色と豊富な機能性により、多くのギタリストに支持されています。現在では、マルチ・エフェクツ・プロセッサーとコンパクト・タイプのエフェクターを組み合わせて、こだわりの音を作り上げるギタリストも多くいますが、高機能なマルチ・エフェクツ・プロセッサーは大きなサイズのものが多く、コンパクト・エフェクターとは別に運搬・セッティングを行う必要があるなど、その手間に悩むケースもありました。

今回発売する『GT-1000CORE』は、ボスのマルチ・エフェクツ・プロセッサーのフラッグシップ・モデルである「GT-1000」(2018年発売)の、プロ・クオリティのサウンドと機能を、ポータブルなボディに凝縮したマルチ・エフェクツ・プロセッサーです。幅173㎜、奥行き135㎜の本体は、単体での使用はもちろん、コンパクト・エフェクターと一緒にペダルボードを組み上げたり、プロ・ミュージシャンの大型エフェクト・システムへの組み込みにも最適です。
楽器専用に開発した高性能DSPを搭載し、「GT-1000」ゆずりの「AIRD」テクノロジーを備えた『GT-1000CORE』は、本格的な真空管アンプのサウンドと弾き心地を実現。高品位なエフェクト群と組み合わせて、思い通りの音作りを行うことができます。

小型で操作性にも優れているので、自宅での練習や楽曲制作、レコーディングなどでもサイズを気にすることなくお使いいただけます。また、豊富な入出力端子と、ギターアンプや外部エフェクターをコントロールする拡張性も充実。『GT-1000CORE』を中心としてシステムを構築するなど、さまざまなシチュエーションに柔軟に対応します。

こんな方にオススメ
・高品位な「GT-1000」のサウンドと機能を、自身のシステムに追加したいギタリスト
・コンパクトさ、高音質、使い勝手のいい機能性を兼ね備えたマルチ・エフェクツ・プロセッサーを探しているプレーヤー

ここがポイント
・フラッグシップ・モデル「GT-1000」ゆずりのサウンドと機能をコンパクトに凝縮
・単体での使用はもちろん、豊富な入出力端子と拡張性を備え、さまざまな用途に柔軟に対応

この記事の画像一覧

(全2枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP